本日は「アースデイ」!「2070年の地球」はどんな場所?

世界中に多くのファンを持つ雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』は、4月22日のアースデイを記念して、表紙がAR仕様の特別な号を刊行した。

Instagramを通して体験できるこのARコンテンツを読み込むと、大きな地球儀が飛び出して、「2070年の地球はどのような場所なのか?」という文字が浮かび上がる。

世界中のいくつかの地域に超高温であること思わせるグラフィックが映し出され、気候変動の深刻さを訴えかけている。

© nat_geo/Instagram

また、ロサンゼルス、マイアミ、ロンドン、イスタンブールなど計12の都市には黄色のマークが表示。選択することで、各地点の夏季・冬季平均気温、降水率の予測が表示され、どのような場所なのか現在の地域に近い場所で表してくれる。

たとえば、アメリカ・ロサンゼルスは50年後にはモロッコのウェザーンに、ロシア・サンクトペテルブルクは、ウクライナのムィコラーイウに近くなるなど、各地点に劇的な温暖化が.....。

さらに衝撃的なことに、一部の地域はタップしても何も表示されない。なぜなら“2070年のその地点と同じような環境が現時点の地球に存在していない”から。

この映像はInstagramのストーリーに自由にアップすることが可能で、積極的にシェアをしてくれように呼びかけている。確かにストーリーにAR映像が流れてきたら、最後まで見てしまうし、その内容に誰もが驚いてしまうはずだ……。

Top image: © iStock.com/luckyvector
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

先月「National Geographic(ナショナルジオグラフィック)」とコラボしたバービー人形「フォトジャーナリスト版」が発売された。大人も集めたく...
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
宇宙飛行士たちが撮り溜めた何千枚もの写真のなかから2020年のベスト20をセレクト。日の出や夜景などさまざまな写真が選ばれた。
環境活動家グレタ・トゥーンベリさんが所属する「Fridays For Future」がアースデイに合わせて一本の動画を公開。グレタさんがしばしば口にする「...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。