地球46億年の歴史を、たった6分で説明したアニメーションがわかりやすい

僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。

でも、その生命の歴史を知らない人は、意外に多いのではないだろうか?というのも、いわゆる”サイエンス”というテーマは、かたそうな内容のために敬遠しがちだから。

AsapSCIENCE」の動画は、46億年の地球の歴史をたった6分にギュッと凝縮。アニメになっているので、これなら理解しやすいかもしれない。

どうやって、僕たちがここに存在するようになったのか。この経過を理解するには「生命体の特徴」をまず理解することが大切になる。

生命体は代謝機能・生殖活動・進化の3つが可能である。

エネルギーを生み出す
光合成

天文学者は、ある星が爆発して太陽を作り、500くらいの惑星がぶつかりあって、46億年前に今の太陽系が誕生したと考えている

地球ができてから約6億年は、水のほとんどが蒸発するような気温で生命体が生き続けるのは不可能だった。また、隕石の衝突によって地球が熱されるという理由もあった。

37億年前には、次第に隕石の衝突が少なくなり、地球の温度が冷え始めることになる。ここから水が安定的に存在し、生命体が誕生することになった

誕生した経緯は、隕石に乗ってやってきた、化学反応で発生、雷が落ちた時に生命体がやってきたという様々な仮説がある。

この時代から、エネルギーを蓄え、分裂できるようになった単細胞生物が生まれ始め、約2億年は水の中で生存するようになる。

そして大きな変化が起きる。それは光合成

25億年前、ある生物が太陽からのエネルギーを利用して生きていき、代謝機能を得るようになる。

より良いDNAを残す
生殖活動

結果、大気中には酸素が多くなり、太陽の強い光を防ぐオゾン層が発生することに

この時期には酸素は毒みたいなもので、ほとんどの生命体には耐性がなかった。細胞を大きくするのに酸素が便利と発見した生命体は、これを取り込むようになる。

この1億年後には、さらに大きくなるために単細胞生物が集合した多細胞生物が誕生して、交配を始めるようになる。これは「性」の誕生とも言え、生殖活動を始める時期でもあった。ここから、進化のスピードは早まることになる。

藻類、菌類、サンゴなどの刺胞動物、カニなどの前口動物、ウニなどの棘皮動物、魚類、両生類へと進化を遂げる。海から出た時点で「肺」の進化も遂げた

やがて足が生えてきて、爬虫類から恐竜へと進化していき、哺乳類が登場する。恐竜が絶滅してから、何億年と進化を続けた哺乳類。

そして、Protungulatum donnae(プロトゥンギュレイタム・ダネー)という祖先から人類が生まれることになる。

厳しい環境に適応できた
ホモ・サピエンス

400万年前に、人間に近い種類「アウストラロピテクス・アファレンシス」が誕生。その200~300万年後に、大きな脳を持ったヒト属である「ホモ」が誕生する。彼らは道具を使い、肉食を効率的に始めるようになる

180万年前に、私たちの直系の祖先とも言える「ホモ・エレクトス」、その後には「ホモ・サピエンス」が登場し始め、脳を使うようになる。しかし、この時期は氷河期でもあり、絶滅寸前であったという。

6万年前、なんとか絶滅の危機を乗り越えた「ホモ・サピエンス」は、「ホモ・ネアンデルターレンシス」と「ホモ・デニソワ」と共存していた。

3万年前には、ネアンデルタール人が絶滅し、「ホモ・サピエンス」がヨーロッパに進出した。他の種のように身体的に強くなるのではなく、脳を進化させることで環境に適応する術を学び始めた

最初は、100くらいのグループしか移動をしていなかったが、定住をし始め、人口が増えることになった。その結果として、現在の70億という数字に至ったのだ。

Licensed material used with permission by Asap Science
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
生きる目的や意味を探し続ける、人生なんてそんなものなのかもしれません。ふとした瞬間に思う「生きる意味」。それを歴史に基づいて分かりやすく説明したコンテンツ...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
数世代前の人々にとって、現代の暮らしは夢のようなもの。そんなことを感じさせてくれるのが、人類史を簡単にまとめた動画『What Happened Befor...
壮大な宇宙の中で私たち人類の歴史はほんの一瞬で、私たちの存在はちっぽけなもの。でも、私たちは宇宙の中で生かされているんだ!ちっぽけな存在だからこそ、タイム...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
国立天文台によれば、2016年7月4日(月曜日)の20時01分は「新月」。太陽が重なって月の姿がほとんど隠れることから、ゼロからのスタートとも捉えられてい...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
メンバーが1,000人いるバンドって!?
このまままっすぐ地面を掘ったら、地球の裏側までたどり着けるんじゃないか?子供時代には、そんな純粋な疑問があったはず。WEBサイト「Antipodes」は緯...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
僕たちの生活の中で、1分間にできることと言えばなんだろう。カップラーメンですら3分かかる。そんななか「1分間に世界ではどんなことが起きているのか」という動...