オリンピックまで楽しめる「ほぼ日のアースボール」。

昨年末の発売から話題となっている「ほぼ日アースボール」です。

本体はビーチボールのような空気を入れるタイプ。とはいえ、ただ“ビーチボールに地図をプリントしました”ってもんじゃなくて、人工衛星からの最新データをもとに精密にデザインされています。

そして、この地球儀の一番の魅力は、専用アプリとの連動です。

アプリをインストールしたスマホを地球儀にかざすと、世界の様々な情報が! しかも、どんどん更新されていく。例えば、最新コンテンツでは過去の冬季オリンピックのハイライト動画まで楽しめちゃう。

飾ったりせずに、その辺の転がしておいてもOKっていう手軽さも含めて、オススメです。

50176436606074885960951354359808

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
一流アスリートは、なぜ緊張して失敗してしまいそうな一回限りの本番で、考えられないような高いパフォーマンスを発揮することができるのでしょうか。それは肉体だけ...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
笑っちゃいけないんでしょうけど、すごい量ですよね。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
Michael Riley Jr.くん(14歳)は、ジュニアオリンピックに3度も出場したことがある優秀な水泳選手。彼は2015年8月13日にチームメイトと...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...