人種・宗教・年齢を超えて。自分らしく「スポーツを楽しむ女性」は美しい!

サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。

この動画は一体なに?

宗教・年齢・人種という枠を超えて、そこに共通するものは「スポーツに励む女性」ということ、ただそれだけです。

女性たちへ
スポーツでもっと汗を流そう!

イギリスにおいて、女性のスポーツ参加者はとても少なく、ジェンダー格差が顕著に表れているとのこと。

実際にイギリスでは

「学校の体育が楽しくない」
「家事をするようになってから運動する機会がめっきり減った」

といった声も多いのです。

そんななか、イングランドスポーツ協会が作成したのが、この動画。宗教や人種、年齢などあらゆる垣根を超えて、世界中の女性たちに「スポーツでもっと汗を流そう!」とエールを発信したのです。

動画には様々なスポーツに励む女性の姿が。

子供を抱えたママさん。

サリーとグローブを身にまとった女性。

義足で走る女性。

おばあちゃんだって。

人種・年齢・宗教・体型…。

あらゆるギャップを超えてスポーツに励む女性の姿が映されています。

動画に込めた
マヤ・アンジェロウの言葉

この動画のバックには、マヤ・アンジェロウという女性詩人のポエムが流れています。

『Phenomenal woman』

動画の内容を踏まえると「自分を尊ぶことができる女性」という訳が合うかもしれません。

彼女は黒人女性という立場でありながら、あらゆるハードルを乗り越え、権利や自由を訴えてきました。この詩に出てくる「美しい女性」の自信に満ちた振る舞いは、毅然とスポーツに励む女性の姿とも重なるもの。

「女性たるもの、自分らしく生き、スポーツに汗を流すPhenomenal womanであれ」。そんな思いが伝わってくる動画です。

Licensed material used with permission by Sport England
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
スポーツメーカーから続々と発売された話題の「マスク」「フェイスカバー」をまとめて紹介します。アンダーアーマー、ミズノ、ヨネックス、ニューバランス、アディダ...
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
信じる宗教によって、考え方や行動は異なるものです。その差を否定的に捉えることなく、付き合っていくのは難しいことかもしれません。ここで紹介するのは、「違う2...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
編集部員が「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
4月にアメリカ最大のフェス「コーチェラ」にも出演したカニエ・ウェスト。「宗教団体」を設立か——そんな話題で、人気ミュージシャンの動向に注目が集まっている。
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
フェスで盗撮された女性がソーシャルムーブメントを生み出し、今イギリスの法律を変えようとしています。
2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場。
「Go To Eatキャンペーン」の対象店をいくつものサイトを横断して検索しながら、不便だなぁ……と思っていた人もいるのでは?そこで完成したのが、東京のG...
生理中、たとえスポーツをしても快適に過ごせるようなズレへの強さを実現するため、「ユニ・チャーム」が「順天堂大学 女性スポーツセンター」の複数の選手の声を取...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...