宗教別「食のタブー」。外国人の友だちと遊ぶなら知っておきたい!

ヨーロッパに暮らして25年。雑誌の取材で現地を飛び回っているというジャーナリストの片野優さんとライターの須貝典子さん夫婦の共著『ヨーロッパ人が来て見て感じて驚いた! 不思議の国のジャパニーズ』(宝島社)では、外国に住んでいるからこそ分かる日本の魅力や特徴などを、ユーモアを交えてまとめています。

ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれからの時代、知っておいて損はないはず。

航空会社の
細やかなサービス

ヨーロッパの主要都市から日本へ行くには、成田空港や関西空港までの直行便があります。しかし、私(著者)の住むセルビアのベオグラードからは、ヨーロッパの一都市を経由しなければならないので、その都度、料金や所要時間を考慮に入れて、JALやANA以外にも、いろいろな航空会社を利用しなければなりません。 

フランクフルト(ルフトハンザ航空)、ローマ(アリタリア航空)などを経由する方法のほか、最近はイスタンブール(トルコ航空)やアラブ首長国連邦のアブダビ(エティハド航空)を経由するのも案外使いやすいことが分かりました。

私がエティハド航空を利用したとき、ほかの航空会社にはないサービスに驚きました。航空券を買うときに、食事メニューの詳細なアンケートがあるのです。ハラル食、ヒンズーミール、コーシャーミールなど宗教に配慮した食事が5種類、糖尿病患者用ミール、低カロリーミールなど病気や健康に配慮された食事が12種類、小さな子ども向けの食事が2種類用意されるなど、乗客への細かい気遣いが見られました。

アラブ首長国連邦の民族構成は、もともとのアラブ人が約19%で、約50%はアジア系が占めます。そのため宗教は、イスラム教、ヒンズー教、仏教、キリスト教と多岐に渡り、その教えに従ってNGとなる食品にも違いがあるため、こういった配慮がなされているのでしょう。

宗教別に気をつけたい
食品リストは?

以下に、NG食品をまとめてみました。

・イスラム教徒
豚を不浄とするので、ポークは食べません。

・ヒンズー教徒
牛を聖牛と崇めるのでビーフはご法度。これに五葷と呼ばれる野菜(ニンニク、にら、らっきょう、玉ねぎ、アサツキ)も禁止。

・ユダヤ教徒
ヒズメがふたつに割れた反芻する動物(牛、鹿、羊、山羊など)以外の肉や、鱗とヒレのないエビ、カキ、タコなどの魚介類も手をつけません。

・キリスト教徒
肉を断ずる期間が設けられていて、この間、ハム、ソーセージ、サラミ類を含む肉製品、さらに乳製品まで控える信仰のあつい人もいます。

日本で外国人のお客様を招く際には、NG食品をあらかじめ聞いておくのが良いでしょう。

もちろん、なかには食に禁止事項のある宗教的背景がなく「なんでも食べる」という人もいます。とはいえ、寿司の生魚を食べられないという外国人は結構いるので、握り寿司のネタによっても好き嫌いに個人差があることを忘れないように注意してあげてください。

四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のこと。でも、実はこ...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
信じる宗教によって、考え方や行動は異なるものです。その差を否定的に捉えることなく、付き合っていくのは難しいことかもしれません。ここで紹介するのは、「違う2...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
10月初旬、一般社団法人「ベジフード協会」(大分市)は、日本初となる「ムスリム自販機」を大分市内の「高崎山自然動物園」内に設置した。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
厚生労働省が定める必須栄養素(全48種)をすべて植物性原材料のみ無添加で仕上げたバータイプの完全栄養食「CENZ BAR」。
6月1日より、カナダ発の2週間で消えるオーガニックタトゥー「Inkbox」が新商品を発売する。これまでの製品より多くの点でバージョンアップしたその魅力とは?
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...