【国別】意外と知らない、ちょっとした「タブー」10選

郷に入れば郷に従え──という言葉があるけれど、実際自分が住む国以外の常識って知らないものです。「Things in Squares」はポップなイラストで、それぞれの国で「やっちゃダメ!」なことを描いています。

聞いたコトあるってものから、意外なものまで。どーでもいい!なんて言わずに、いつか何かの役に立つ!

01.
メキシコ

ホットソースを渡さないとダメ!

 メキシコ人は辛いもの大好き。ホットソースなしでは物足りないのです。

02.
イタリア

茹でる前にパスタを半分に折ってはダメ!

フォークで巻けなくなっちゃうからだそう。

03.
日本

土足で室内に上がっちゃダメ!

ま、改めて紹介するまでもありませんが。

04.
インド

左手でご飯を食べさせちゃダメ!

左手は「不浄の手」といわれているので、ものを食べるのには適しません。

05.
フランス

チーズを隠しちゃダメ!

フランス人にとって、食卓にチーズが並ばないのは耐えられない。

06.
ドイツ

不完全なものを作らせちゃダメ!

完璧なものじゃないと気が済まないんです。

07.
アメリカ

ヘルシーな料理をレギュラーサイズで出しちゃダメ!

「何これ?」って思わず言っちゃう。物足りませんよね。

08.
火星

火星に何もないことを皮肉っちゃダメ!

水がなくても生き物がいなくても、火星は綺麗な惑星ですよ!

09.
カナダ

アメリカ人だと決めつけちゃダメ!

「何州の出身ですか?」じゃなくて「どちらの出身ですか?」と聞きましょう。

10.
ペルー

チリのセヴィーチェ(魚介のマリネ)を食べさせちゃダメ!

お口に合わないようです。

ひとつだけ国じゃないものも混ざっていましたが、この「タブー」を知っていたら、いつか海外旅行をするときに役立つかも?

Licensed material used with permission by Things in Squares
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
政権崩壊後、チュニジアは民主主義体制を整えるべく尽力していますが、かつての独裁政権を口にすることはタブーといった風潮があるようです。そこにまっすぐに切り込...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
コンサルティング会社「Globelink 」 が、各国でタブーとされている「NG行動」を、インフォグラフィックで紹介しています。01.レストランでカプチー...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...