「人を良くする」原点回帰の場。書籍『「食」から考える発想のヒント』より

外国人シェフ最年少でミシュランガイドの星を獲得した松嶋啓介の近著がおもしろい。食を通した「発想のヒント」が散りばめられていて、普段包丁を握らない人にこそ読んでもらいたい一冊です。

以下、『「食」から考える発想のヒント』(実業之日本社)より、抜粋して紹介。立ち読み感覚でドーゾ!

栄養バランスよりも大切なもの

ぼくは、人から「ふだんの食事で気をつけていることは何ですか?」と訊かれると、必ず「家族そろって食事をとることです」と答えます。

質問の意図としてはおそらく、「栄養のバランス」とか、「一汁一菜を心がける」といった答えを期待されているのはわかります。でもぼくにとっては、何を食べるかより先に、家庭で料理をつくって、みんなで食卓を囲むことこそが、いちばん大切な“食”のありかたなんです。

祖父が農業を営んでおり、子どものころにはよく遊びに行って仕事を手伝い、その日に採れた野菜や絞めた鶏を味わった経験が、食に対する意識の原型を作りました。

母親の料理も盛り付けなどは二の次、育ち盛りのぼくと兄の健康を第一に考えて、栄養バランスに気を配り、必ず家族全員で食卓を囲んでいました。このときに、家族で楽しく食事をとることを学んだように思います。

食卓は料理をつくる“親の愛情”にあふれています。

毎日の食卓から、自然と食に対する意識が育まれ、同時に「料理」とは、特別な知識がなくても、子どもの育成を根本から支える理に適っているのです。

ひと昔前までは、家族ごとに必ず“食卓”がありました。母親や祖母の作った料理を、家族全員で囲んで食べる。そんな日々の営みを振り返えると、今、明らかに食の環境が変わっていることに気づくと思います。

家庭から食卓が失われ、ひとりで別々に食事を取ることが多くなった現代は、いわば「孤食の時代」。

食という、家族のいとなみが、どうしようもなく切ない寂しさに晒されてしまっています。これは、よく考える必要がある問題だと思います。

「人を良くする」
原点回帰の場

 

「食」とは「人を良くする」と書きます。

ぼくは、食こそ人間が生きていくうえでの原点だと思っています。「食」変われば身体が変わり、人格が変わり、生活が変わります。

季節の食材をそろえて、料理をして、温かいうちにみんなで食べる。盛り付けや見た目が適当でも、栄養が調った料理であればそれで十分。子どもの将来のために、家族の健康のために料理をつくることは、食に託された本質的なメッセージなんじゃないでしょうか。

これは人類史上、「食卓」がずっと担ってきた重要な役割。料理は自己満足の道具ではありません。食べる人の中で完成し、未来へ生命を繋いでいく原点なんだと思っています。

Top photo: © iStock.com/Geber86
Licensed material used with permission by 実業之日本社
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー子どもが食卓に並んだ料理について何か聞いてきたり、料理し...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のこと。でも、実はこ...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
20歳で単身フランスに渡り、外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。第5回目は「手」に注目です。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
7月の頭に、松嶋啓介さんがTABI LABOのオフィスで「ラタトゥイユ」を作る、料理教室を開いてくれました。松嶋さんのラタトゥイユから、「人生は食卓で育ま...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
「このキャビネットには、ある『仕掛け』が隠されています。それは一体なんでしょうか?」
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。