「うまみ」を構成する5本指のヒミツ。書籍『「食」から考える発想のヒント』より

外国人シェフ最年少でミシュランガイドの星を獲得した松嶋啓介の近著がおもしろい。食を通した「発想のヒント」が散りばめられている。普段包丁を握らない人にこそ読んでもらいたい一冊。

以下、『「食」から考える発想のヒント』(実業之日本社)より、抜粋して紹介。立ち読み感覚でドーゾ!

普段口にする料理が
どのように味覚を構成しているか

ぼくの考える味覚は「甘味・酸味・苦味・渋味・辛味」の五つの味。ここに「塩味」が入っていないのは、他の味覚と同等に並列できるものではないからです。

「塩味」と「甘味」は、料理の味付けをするうえで、それだけで“強い味”といえます。ほかの「酸味」、「苦味」、「渋味」、「辛味」、「うま味」は、「塩味」や「甘味」と結びついて、はじめておいしいと思える、味付けとは別の“弱い味”。

では、普段口にする料理が、味覚をどのように構成しているのか?
その発想のヒントは“手”にあります。

この世のあらゆる料理は、塩気や塩分を基礎として、「五指」の味覚の組み合わせを「うま味」が支え、その味を決定しているんです。

©iStock.com/Maximkostenko

親指を甘味、人差し指を酸味、中指を苦味、薬指を渋味、小指を辛味に見立ててみます。 それぞれの指先をくっつけてみてください。

●親指(甘味)と人差し指(酸味)で、柑橘系の甘酸っぱい味
●親指(甘味)と中指(苦味)で、キャラメル系の甘苦い味
●親指(甘味)と薬指(渋味)で、抹茶系の甘渋い味
●親指(甘味)と小指(辛味)で、醤油系の甘辛い味

この五指の組み合わせと調理から生み出される味の他に、うま味成分自体の「うま味」があり、このときの「うま味」は単体としてではなく、多くの場合、調理された味を受け止める役割を果たします。

冷蔵庫の残り物で適当な料理をつくるとき、どう料理したらいいのかは、この「塩味」や「甘味」のバランスと、他の「酸味」、「苦味」、「渋味」、「辛味」との結びつけ、さらには「うま味」の組み合わせにかかっています。“強い味”だけによる味付けだけでなく、“弱い味”との結びつけこそが重要なんです。

食材の栄養素やうま味成分などを知らなくても、味覚を構成する「手」に注目してみたら、ほぼ間違うことはない、料理の発想を与えてくれるはずです。

Top photo: © iStock.com/leomadvr
Licensed material used with permission by 実業之日本社
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のこと。でも、実はこ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー子どもが食卓に並んだ料理について何か聞いてきたり、料理し...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
20歳で単身フランスに渡り、外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
7月の頭に、松嶋啓介さんがTABI LABOのオフィスで「ラタトゥイユ」を作る、料理教室を開いてくれました。松嶋さんのラタトゥイユから、「人生は食卓で育ま...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
3月7日(土)と8日(日)の2日間、代々木公園、NKH、NHKホール前広場にて、ふるさとの食を味わいながら、地産地消や食育をあらためて考える大規模イベント...