楽しい食事はどんな栄養素にも勝る。書籍『「食」から考える発想のヒント』より

外国人シェフ最年少でミシュランガイドの星を獲得した、松嶋啓介の近著がおもしろい。食を通した「発想のヒント」が散りばめられているのですが、普段包丁を握らない人にこそ読んでもらいたい一冊。

以下、『「食」から考える発想のヒント』(実業之日本社)より、抜粋して紹介。立ち読み感覚でドーゾ!

コミュニケーションこそ
最大の栄養素

フランス人にとって、食事はいわば毎日の小さなイベントです。

単に空腹を満たすだけではなく、家族でも仲間同士でも、いろいろな話題についてコミュニケーションを図り、生きる喜びを実感する行為となっているんです。

口に物を入れたまま話すのをヨシとしない日本と、我先に話しながら食事をとるフランスに違いはありますが、ひとりで知り合いのいないお店に入って食事をするなど、ヨーロッパではおよそ考えられないこと。

快い体験の多い人のほうが免疫力は高まり、人と楽しく食事をしたほうが、栄養はより身体へ吸収されやすくなります。それは科学的に証明されている事実。

つまり、

コミュニケーションこそ、最大の“栄養素”。

ストレスフルな毎日でも、仕事が終わったら家族や仲間と食事をするという目標ができれば、少しは人生が前向きになり、やる気も起こってくるはずです。

Top photo: © iStock.com/jakubzak
Licensed material used with permission by 実業之日本社
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のこと。でも、実はこ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー子どもが食卓に並んだ料理について何か聞いてきたり、料理し...
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
20歳で単身フランスに渡り、外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。第5回目は「手」に注目です。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
雨の日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
7月の頭に、松嶋啓介さんがTABI LABOのオフィスで「ラタトゥイユ」を作る、料理教室を開いてくれました。松嶋さんのラタトゥイユから、「人生は食卓で育ま...
楽しく食べられて、たくさん元気がもらえる「理想のパスタ」が登場した。毎日、健康的でいたい!って思っても、食材を揃えるのに苦労したり、費用や料理に頭を抱えた...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。