人の住む土地ごとに「味覚」は異なる。書籍『「食」から考える発想のヒント』より

外国人シェフ最年少でミシュランガイドの星を獲得した松嶋啓介の近著がおもしろい。食を通した「発想のヒント」が散りばめられている。普段包丁を握らない人にこそ読んでもらいたい一冊。

以下、『「食」から考える発想のヒント』(実業之日本社)より、抜粋して紹介。立ち読み感覚でドーゾ!

暮らす土地によって
味覚が異なる

言うまでもなく味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のことですよね。でも、実はこの味覚は世界共通ではないんです。

ヨーロッパでは「甘・酸・塩・苦」の四基味覚、中国では「甘・酸・塩・苦・辛」の五行味覚、インドでは「甘・酸・塩・苦・渋・辛」のアーユルヴェーダ味覚と、さまざまな違いがあります。

そして、100年以上前に、ダシに慣れ親しんだ日本人らしい発想で、日本の科学者がこれらの味覚に「旨」を加えたんです。

人の住む土地や文化によって味覚が異なるのは、なるほど当然のことなのですが……。

現在では「甘・酸・塩・苦」の四基味覚に「旨」を加えた五基本味が、科学的に妥当性をもった味覚の解釈とされるようになっています。

ちなみに、この「旨味」が国際的に認められ始めたのは、うま味成分のグルタミン酸を感知する、グルタミン酸受容体が舌の味蕾(みらい)にあることが証明された2000年以降。ごく最近のことだったりするんですよね。

Top photo: © iStock.com/GMVozd
Licensed material used with permission by 実業之日本社
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー子どもが食卓に並んだ料理について何か聞いてきたり、料理し...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。第5回目は「手」に注目です。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
7月の頭に、松嶋啓介さんがTABI LABOのオフィスで「ラタトゥイユ」を作る、料理教室を開いてくれました。松嶋さんのラタトゥイユから、「人生は食卓で育ま...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
一概にこれが真実って話ではありませんが、アメリカでこんな研究結果が発表され話題となっています。曰く「人間には、パスタやパン、ジャガイモ、米などに含まれる炭...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?