岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー

いわゆる「観光地」とは呼べないような海外の街を訪れると、看板やレストランのメニューに英語表記がなく困ることがある。そんなシチュエーションすらも、捉え方しだいでは旅の醍醐味ではあるのだが、実際にストレスを感じてしまう人は少なくないだろう。

ただし、それは日本を訪れる外国人にとっても同様。ひらがなにカタカナ、漢字にアルファベットが混ざった“言語環境”は、どこからどう考えても特異なものと言っていい。私たちにとっては当たり前の世界で、訪日外国人が苦労してしまっているような状況は想像に難くない──。

このたび、そんな課題に対処すべく、岩手県が立ち上がった!

インバウンド大作戦!

215d8e47c37883518c7ff20a88459d348f7bf5d2

いわての10手」は、同県を訪れる外国人観光客にどのように対応すれば喜んでもらえるかがまとめられたHP。飲食店や宿泊事業者などのほか、一般県民にも分かりやすく「おもてなしのハウツー」が10項目掲載されている。

ここで紹介したいのは、そのうちの一つ、題して「文字よりも、絵で示そう」。たしかにこれ、アイコンがかなり分かりやすい。お店や温泉での使用を想定したものをいくつかピックアップしよう。

【お店で使えるアイコン】

01660aadd694876a2fc5832c60901c0ebbaf5af1361b2e91e860839dd9514ed803e14364b8dc06af17986717078e392d8be827d64fe4bce9f20fc6d424b12282c87337245a81e8804344d565496e3d152a44654cb1c8d3ec6580def03c442442f3fe573f79db93520be5a84a93b7b63bfc54aba127f8271f67a73989d2c9a445c0cd4f844b6b6be1a70e2cd8

【温泉で使えるアイコン】

C70ff4ef1659a384cb182eba7f661c0c404ae3e36b5929141dff7d054ecb2403324a499f36e9998fEe3aed1bced01c309db35e554f0be7e44ebdba5e163305924e68b13e2783a935d6598cc4ec44d5638e067a39af68fbb692871241a3a0b3c96365a07012c69d36c6b5f0bd62b651ec2266d6fbc5a5a569

ちなみに、なぜ岩手県なのか?

実は、同県釜石市は2019年ラグビーワールドカップ日本大会の開催都市の一つ。さらには、翌年の東京五輪も考慮してインバウンド対策をスタートしたというわけ。外国人観光客に内容を理解してもらうだけでなく、笑いをも誘えるようなユニークなアイコンは、他の自治体も気になるナイスアイデアではないだろうか。

お問合せ先:岩手県盛岡広域振興局経営企画部 019-629-6512

Licensed material used with permission byいわての10手, Facebook
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
三陸沖は南から黒潮が暖かい地域の魚を、北からは親潮が寒い地域の魚を運んでくるため、世界でも有数の漁場。春はめかぶ、夏はうに、ほたて秋にはいくら、冬はあわび...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
わたしがTwitterやFacebookで使っている似顔絵のアイコンは、南暁子さんというイラストレーターが描いている。このアイコンを使っている人は360人...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...