岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー

いわゆる「観光地」とは呼べないような海外の街を訪れると、看板やレストランのメニューに英語表記がなく困ることがある。そんなシチュエーションすらも、捉え方しだいでは旅の醍醐味ではあるのだが、実際にストレスを感じてしまう人は少なくないだろう。

ただし、それは日本を訪れる外国人にとっても同様。ひらがなにカタカナ、漢字にアルファベットが混ざった“言語環境”は、どこからどう考えても特異なものと言っていい。私たちにとっては当たり前の世界で、訪日外国人が苦労してしまっているような状況は想像に難くない──。

このたび、そんな課題に対処すべく、岩手県が立ち上がった!

インバウンド大作戦!

215d8e47c37883518c7ff20a88459d348f7bf5d2

いわての10手」は、同県を訪れる外国人観光客にどのように対応すれば喜んでもらえるかがまとめられたHP。飲食店や宿泊事業者などのほか、一般県民にも分かりやすく「おもてなしのハウツー」が10項目掲載されている。

ここで紹介したいのは、そのうちの一つ、題して「文字よりも、絵で示そう」。たしかにこれ、アイコンがかなり分かりやすい。お店や温泉での使用を想定したものをいくつかピックアップしよう。

【お店で使えるアイコン】

01660aadd694876a2fc5832c60901c0ebbaf5af1361b2e91e860839dd9514ed803e14364b8dc06af17986717078e392d8be827d64fe4bce9f20fc6d424b12282c87337245a81e8804344d565496e3d152a44654cb1c8d3ec6580def03c442442f3fe573f79db93520be5a84a93b7b63bfc54aba127f8271f67a73989d2c9a445c0cd4f844b6b6be1a70e2cd8

【温泉で使えるアイコン】

C70ff4ef1659a384cb182eba7f661c0c404ae3e36b5929141dff7d054ecb2403324a499f36e9998fEe3aed1bced01c309db35e554f0be7e44ebdba5e163305924e68b13e2783a935d6598cc4ec44d5638e067a39af68fbb692871241a3a0b3c96365a07012c69d36c6b5f0bd62b651ec2266d6fbc5a5a569

ちなみに、なぜ岩手県なのか?

実は、同県釜石市は2019年ラグビーワールドカップ日本大会の開催都市の一つ。さらには、翌年の東京五輪も考慮してインバウンド対策をスタートしたというわけ。外国人観光客に内容を理解してもらうだけでなく、笑いをも誘えるようなユニークなアイコンは、他の自治体も気になるナイスアイデアではないだろうか。

お問合せ先:岩手県盛岡広域振興局経営企画部 019-629-6512

Licensed material used with permission byいわての10手, Facebook
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
水筒の蓋に唇が触れるとセンサーが働いて、自動で開閉してくれる水筒Lyd。不注意でこぼしてしまうことがないから安心です。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
誰もがうなづく海の宝、三陸の四季の味をギュギュッと詰め込んだのが岩手県の「三陸海宝漬」。三陸沖は南から黒潮が暖かい地域の魚を、北からは親潮が寒い地域の魚を...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...