「NOと言えない日本人」に対する、外国人のホンネ。

先日、カナダ人の友人が、日本での生活で不安に思っていることを口にしてくれた。

「友達になった子をイベントとかに誘ったりするのね。最初は『OK』って言ってくれるんだけど、後々話をすすめようとすると、『NO』になったりすることがあって。行きたくないなら行きたくないって最初から言ってくれた方がいいんだけど…」

「ん〜、なるほど」

そうひと言だけ返して考えた。

なぜ、私たち日本人はすぐに「NO」と言わないのか。

もちろん、すべての人に当てはまるわけではないけれど、「NOと言わない日本人」って世間で言われるくらい、この問題は根深い気がする。

「礼儀ただしい」の定義がちがう?

6474109349265408

先に述べた友人との会話で興味深かったのは、話の流れが「NOと言わない日本人が原因」だとか「外国人ももっと日本文化を理解すべき」というように、ただ誰かを批判して終わらなかったこと。

その代わり、「日本」と「(かなり大枠ですが)海外」では、礼儀の定義がちがうのでは?という方向に展開。

友人の言葉を借りながら書くと、彼らは私たちが必要以上に心配するほど、「NO」と言われることに対して、抵抗はナイと言っていいだろう。

むしろ、「YES!(イイネ)」と言ったにもかかわらず、後から「やっぱり…」となるほうが、彼らを混乱させることになるだろう。このようなコミュニケーションを繰り返していくと、相手もあなたに不信感を抱いてしまうことになるだろうし。

何気ない言葉のやりとりが、異国の地からきた人と仲を深める際に障害となるかもしれない。あなたにとっても、モッタイナイことになるのだ。

相手が早口すぎることも!?

また、相手の話すスピードが速すぎて、聞きとれないからこそ「YES」「YES」と言ってしまう場合もあるだろう。(ちなみに私の友人は、ネイティブが聞いたとしてもとても早口…!)

けれど、昔彼らからホンネを聞いたことがあり、このようなことを話していたのを思い出す。

「食い違ったまま会話がすすんだり、全部話し終えたあとにまた繰り返すくらいなら、どんどん聞いて欲しい」

相手が言っていることがわからない時は、とりあえず「YES」と言って流すことはせず、「What('s that)?」「What did you say?」「Pardon?」などと聞き返したいところ。

私もまだ英語に慣れていない時期に、なんども聞き返したことがあるけれど、だいたい皆心よく言い直してくれたのを覚えている。

人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
外国人の住居者が年々増えている日本。違う文化やバックグラウンドから来た人と出会って恋に落ちることもあるはず。だからこそ紹介したい、日本人が外国人に対して勘...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
世の人が下ネタを好むのは万国共通です。性の話というのは、噂がもつ覗き見趣味的ないやらしい性格と相性が合うのでしょう。ここで紹介するのは、外国の人々が日本人...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
「Sorry」を必要以上に多用しているなぁと、感じる時があります。でも英語圏では、本当に自分が悪いと思った時や、謝らなければいけない状況にならない限り、「...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
もう、何度もこういう写真を見ている。そして、だいたいが外国人フォトグラファーだ。そして、だいたい彼らはこう言う。「働きすぎのロボットみたいだ」と。
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...