男女で着られる!「ピンクのアンダーウェア」が欲しい

ジェンダーニュートラルなプロダクトを展開するクリエイティブスタジオ「REING(リング)」

以前「TABI LABO」でも紹介した同ブランド発の男女問わず身につけられるアンダーウェアに、新色のピンクがお目見えした。

©REING

今回は、ジェンダーバイアスを感じる色について独自にアンケートを取ったところ、一番多くの回答が寄せられた“ピンク”をあえてテーマカラーに。

「もっと自由に、誰もが性別問わずピンクの多面性を楽しめるように」との想いを込めて「Limitless Pink」というネーミングでの発売に至った。

©REING
©REING

アイテムは「ブラレット」「ボクサーパンツ」「トランクス」の3種類。

ベア天竺素材を使用した生地は、製品コンセプトである「心地よい自分でいるためのアンダーウェア」の通りに柔らかく、また人が快適に感じるという温度(31〜33℃)を保つ機能も備えているそう。

©REING

「Netflix」で人気のリアリティ番組『クィア・アイ』で人気を集めたKan氏をはじめ、多様なジェンダーのモデルが参加しているルックブックも見応えたっぷり。

詳しくは公式オンラインショップからぜひチェックしてみて。

Top image: © REING
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
性別におけるファッションの垣根の撤廃が、さらに加速した2020年。『TABI LABO』で紹介したユニセックスなウェアをあらためて振り返ろう。
「CALVIN KLEIN UNDERWEAR(カルバン・クライン アンダーウェア)」に新シリーズ「TRAVELER」が登場します。
アンダーウェアをチェックするなら、じつは外せないのがファストファッションブランド。なかでもH&Mは毎シーズン、トレンドを上手にMIXしたラインナップが素敵です。
ジェンダーニュートラルなデザインのプロダクトを開発する「REING(リング)」から、今月12日、男女問わず身につけられる新しいアンダーウェアが発売。ライン...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
こたつ布団とルームウェアが一体化した「着れるこたつ」が誕生。
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
この記事ではジェンダーの文脈で取り上げられる「ノンバイナリー」について解説していきます。
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
どうしても機能の話になりがちなブランドだけど、じつはちゃんとファッションとしての着やすさも担保されているところが魅力だと思う。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
ジェンダーフリーなアンダーウェアブランド「BushyPark」から「TENGA」とのコラボパンツがデビュー。
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...
2019年12月6日〜2020年3月2日、「d47 MUSEUM」にて「着る47展」開催。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。そも...