エバーレーンのボクサーブリーフについての雑感

少し前にこのコーナーで、Everlane(エバーレーン)のスニーカーを紹介した時、びっくりするぐらい多くの反響があった。

エバーレーンは、D2C(だいれくと・とぅ・こんしゅーまー)なブランドとして、業界ではなにかと話題だが、日本に公式ECサイトがあることを知らない人が多かったのだ。ましてやシンプルで質のいいスニーカーが発売されてることなんて、みんな知らないようだった。

この記事ね。

いや、なにも「ヘーイ!俺は知ってたゼ」なんて、しょーもないマウンティングをしたいわけじゃなくて、ただただ日本国内でのエバーレーンの知名度が想像以上に低いことに驚いた次第だ。

個人的な調査(周囲に聞いてみただけ)でも、女性のなかには「アメリカで人気があるサステイナブルなブランドですよね、知ってマスヨ」という人がいる一方、男性は絶望的だった。「エバーレーン?へ〜、チェックしておきます」。いや、絶対しないだろ、お前。

嗚呼、そんなことはどうでもよくって。

もしもあなたが男性でエバーレーンで買い物をする機会があれば「ついで買い」でぜひともボクサーブリーフを一緒にショッピングバッグの中に入れたほうがいいよ、って話だ。

上質な米国産スーピマコットン(ポリウレタンも7%入ってるみたい)を使ったアンダーウェアは、ホワイト、ネイビー、ブラック、グレーの4色展開。見た目はフツーすぎるほどフツーで、いざ手に取ってみると「心許ないぐらいゆるいな」という印象だ。もっと悪く言うと「なんかゴムとかすぐにダメになりそう……」と思う人がいるかも。はい、自分はそう思いました。

だけど、使っているうちに、わかってくる。

この素材感は「ゆるい」のではなく「ソフト」なのだ。

ボクサーブリーフの魅力のひとつは間違いなく身につけた時のフィット感だが、エバーレーンのボクサーブリーフはソフトな着用感で、キリッとするというか、ブリーフに相応しい形容詞じゃないとは思うけれど、「なんか、スロウな感じ」だ。

1枚税込2,400円という価格は微妙だ。高くはなく、安くもなく。なによりもこのボクサーブリーフは誰もが「スゴクイイ!」と実感できるものじゃない、と思う。常日頃から肌に触れる素材感が気になったり、下着のゴムの塩梅が気になったりするような、ちょっと神経質とも言えるような人が「コレ、なかなかイイネ!」となるようなアイテムだと思うのだ。

だからこそ、オススメは「ついで買い」

基本的にエバーレーンでは、シャツやパンツ、スニーカーをチェックするべきだ。シンプルで飽きのこない、それでいてモダンなラインのアイテムが揃っている。そのなかで、気に入ったモノがあって購入する時、「ついで買い」としてボクサーブリーフを思い出してほしい。

エバーレーンの日本公式ECサイトはコチラ

肝心のボクサーブリーフの写真がないので、上のサイトで検索してチェックしてほしい。

なお、トップの写真はECでオーダーして手元に届いた時に撮影したパッケージ。英語でいろいろ書いてあるから、なんとなく撮っておいたやつ。

今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
「CALVIN KLEIN UNDERWEAR(カルバン・クライン アンダーウェア)」に新シリーズ「TRAVELER」が登場します。
まだ日本のメディアでは取り上げられていないが、つい先日、「Everlane」がマスクの販売を始めた。黒、ヘザーグレー、チャコールグレーの3色セットで、値段...
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
今年のはじめに海外で最大級のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」に挑戦し、見事成功を収めた日本発の下着ブランド「One Nov...
ジェンダーニュートラルなデザインのプロダクトを開発する「REING(リング)」から、今月12日、男女問わず身につけられる新しいアンダーウェアが発売。ライン...
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の新作「CRASH」シリーズは、発色の良いカラーはそのままに、ブランドロゴまでをワントーンで統一。ビビッドでありながら主張...
世界的デザイナー・山本寛斎のパリコレチーフデザイナーを務めた岩男將史が独立し、1996年に創業した衣装デザイン製作会社「ダダグラム」が作ったメガネに吊るし...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の「DANIEL2」は、ワッフル素材を使ったボクサーパンツ。ふわっとした肌触りのよさに加えて、動きやすさやフィット感も抜群...
ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
アンダーウェアをチェックするなら、じつは外せないのがファストファッションブランド。なかでもH&Mは毎シーズン、トレンドを上手にMIXしたラインナップが素敵です。
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
〈TO&FRO〉の「コンフォータブルTシャツ」&「コンフォータブルパンツ」は、吸水・速乾性に加えて抗菌・防臭加工が施された生地を使用。軽くて、肌触りがよく...
8月1日、羽田空港第1ターミナルと第2ターミナル内の「ローソン」に、石灰石を主原料とする「LIMEX製品」と植物由来の糸で編んだ、繰り返し使える抗菌マスク...
「アディダス」の洗って繰り返し使えるマスク「adidas FACE COVER(アディダス フェイスカバー)」が日本上陸。8月7日より、アディダス直営店で...
どうしても機能の話になりがちなブランドだけど、じつはちゃんとファッションとしての着やすさも担保されているところが魅力だと思う。
ジェンダーフリーなアンダーウェアブランド「BushyPark」から「TENGA」とのコラボパンツがデビュー。
シューズブランド「Allbirds」から初のアンダーウエア「Trino Undies」が今月中旬から発売。これまでシューズ開発で培ってきた自然の素材ならで...
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
オーダーメイドのビジネスウェアを得意とする〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉。スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオー...
〈GRIP SWANY(グリップスワニー)〉の「GSP-45 GEAR SHORTS」。サプレックスを使用した素材感が軽やかな着心地を実現。