Z世代のためにつけ心地やかわいさにこだわって作られた「ノーブラのように気持ちいいブラ」

Z世代の女子の半数は、ノンワイヤータイプのブラを着用している一方で、その世代向けのデザインや価格帯を意識したアイテムは市場に少ないのが実状。

そこでオススメなのが「GiRLS by PEACH JOHN」が今年の1月から展開している、楽ちんな着け心地とかわいさ、そして最適な価格帯の新ノンワイヤーブラ「Peasy(ピージィ)」だ。

しっとり柔らかな薄手の素材は、どんなに動いてもボディにぴったりフィット。ふち部分が波状にカットされているので、服を着ても段差知らずで、洋服の邪魔をすることもない。自然な高さが出るカップは、きちんときれいなバストをキープ。広い面で支えるので、胸の重みを分散してくれる。

©©2020 株式会社ピーチ・ジョン
©©2020 株式会社ピーチ・ジョン

また、4月に新発売となった「Peasy002」は、夏場の薄着の季節でも着る服を選ばない細いストラップが採用され、タンクトップや首元が広く開いた洋服とも好相性。よりおしゃれを楽しむことができる。

バックスタイルはホックがないので、背中開きの洋服にもおすすめだ。

©©2020 株式会社ピーチ・ジョン

さらにGiRLS by PEACH JOHNでは、4月19日まで「Peasy」を題材にしたTikTokのハッシュタグチャレンジ「#ゆるカワPeasy」を開催。表彰者のチャレンジ動画は、PEACH JOHN公式SNSや一部店舗サイネージにて掲載されるという。

まるでノーブラのように気持ちよくて、見た目のかわいさも忘れないノンワイヤーブラ。Z世代に限らず広い世代の快適なおうち時間やリモートワークの味方になってくれる予感。

©2020 株式会社ピーチ・ジョン

Peasy/GiRLS by PEACH JOHN

【特設サイト】https://www.peachjohn.co.jp/pj/special/peasy/

Top image: © 2020 株式会社ピーチ・ジョン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
あえて目立つように作られたカラフルで星型のニキビパッチ。肌色で隠していた従来のものに反して、パッチで顔をデコるというポジティブな方法がZ世代に刺さり人気を...
アンダーウェアをチェックするなら、じつは外せないのがファストファッションブランド。なかでもH&Mは毎シーズン、トレンドを上手にMIXしたラインナップが素敵です。
「睡眠中のバストケア」と「基礎体温の計測」という、女性にとって大切なこの2つが一緒にできてしまう画期的なナイトブラ「IoTナイトブラ」。
世界的デザイナー・山本寛斎のパリコレチーフデザイナーを務めた岩男將史が独立し、1996年に創業した衣装デザイン製作会社「ダダグラム」が作ったメガネに吊るし...
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
素材はオーガニックコットン100%、色は草木染め。ブラックの上下なのにやさしい雰囲気なのは、徹底してナチュラルにこだわっているから。
「CALVIN KLEIN UNDERWEAR(カルバン・クライン アンダーウェア)」に新シリーズ「TRAVELER」が登場します。
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
Z世代の「スタイルやジャンルに固執せず、あらゆるアイテムやブランドを柔軟に使いこなす」という自由なファッションスタイルを体現する新たなレーベル「ビームス ...
好きな人とベッドイン。でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、...
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)に属するスポルティング・ブラガのホームスタジアム「エスタディオ・アクサ」。
23~26歳の若手社員4人による新ブランドの1号店「オリエンス ジャーナルスタンダード シブヤ」が、渋谷・神南に3月20日オープンする。
8月1日、羽田空港第1ターミナルと第2ターミナル内の「ローソン」に、石灰石を主原料とする「LIMEX製品」と植物由来の糸で編んだ、繰り返し使える抗菌マスク...
「アディダス」の洗って繰り返し使えるマスク「adidas FACE COVER(アディダス フェイスカバー)」が日本上陸。8月7日より、アディダス直営店で...
ジェンダーニュートラルなデザインのプロダクトを開発する「REING(リング)」から、今月12日、男女問わず身につけられる新しいアンダーウェアが発売。ライン...
総レースには若干ハードルの高さを感じる人もこれならトライできそう。
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Truck」...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
エシカルファッションブランドのHARAから女性ならではの悩みを軽減する竹からできたブラジャー。ホック、ワイヤー、厚いパットを省き無駄のないランジェリーに仕...