アンダーウェア

日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
ヨガをやっていて悩むのが、「正しくポージングできているかな…?」ということ。見よう見まねでやってはみるものの、何となく違う感じがしたり。かといって、マンツ...
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
〈TO&FRO〉の「コンフォータブルTシャツ」&「コンフォータブルパンツ」は、吸水・速乾性に加えて抗菌・防臭加工が施された生地を使用。軽くて、肌触りがよく...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の「DANIEL2」は、ワッフル素材を使ったボクサーパンツ。ふわっとした肌触りのよさに加えて、動きやすさやフィット感も抜群...
エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつな...
2015年4月30日にオンラインで販売を開始してから、数ヶ月間にわたって品切れ状態が続いていたウェアラブルデバイスがある。株式会社ログバーが開発した「RI...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
アンダーウェアをチェックするなら、じつは外せないのがファストファッションブランド。なかでもH&Mは毎シーズン、トレンドを上手にMIXしたラインナップが素敵です。
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
とにかく雨の日に履く靴って選択肢が少ない。
わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
洋服やシューズでコンクリートと表記されたカラーがあると迷わずチェックする。単なる灰色よりもニュアンスあるグレーや硬質で冷たさまで感じられるようなグレーには...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
「Emglare」は心拍数を測定してくれて、心電図の記録もサポートしてくれるスマートウェア。異常が見つかった場合はアラートを出してくれる機能もある。
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。