断食をテーマにつくられた食器

パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。

料理を盛るという最も重要なアイデンティティを失い、実用性という観点では何の価値もないデザイン。しかし、これらのテーブルウェアに託されたテーマを知ると、概念をそのまま具現化したアート作品であることがわかります。

 

青い空虚な食器
託されたテーマは「断食」

パリのデザインスタジオ、Studio Dessuant Boneが手がけた一連の作品は、企画展「A Stomaco Vuoto」で発表されたものの一部。

テーマは“断食”でした。

どれも食器のカタチを象っただけの影のよう。

正直まったく使い道がない……ですよね。でも、それこそがこの食器の持つ意味。食を絶つことを思い浮かべたときの空虚感や漠然とした不安を、そのまま形骸化したとき、この実体のないテーブルウェアに行き着いた。ということなのでしょう。

無機質な針金は、その虚しさとともに存在感も主張します。そういえば「青」は食欲減退を招く、食とは最もかけ離れた色彩なんてことも耳にしますよね。

健康、宗教、あらゆる目的で断食を行う人たちがいますが、彼らの心の内を反映しているのかもしれませんね。

Photo by Studio Dessuant Bone
Licensed material used with permission by Studio Dessuant Bone
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
じつはこれ、半分の食べ物が鏡に反射して、ユーザーには倍量に映るというトリック。たったこれだけなんです。それでも、倍の量食べているような錯覚でお腹がいっぱい...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
世界中のイスラム教徒たちが、1ヶ月のあいだ、一切の飲食を絶つ「ラマダン」。今まさにその最中ですが、人々は断食の前(正確に言うと日の出前)何を口にしているの...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
新潟県燕市でステンレス食器を製造している〈ナガオ〉。いわゆる燕三条ブランドです。ここのカトラリーセットがすごい。
一昔前の情熱的な男性と違い、最近では恋愛に対して消極的だったりドライな傾向が高いといわれています。そして、恋愛に興味はあるけれども消極的な草食系男子以外に...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
これは、ヒトハダにいちばん近い食器。
食器って、硬いものだと思っていた。
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...