イケアが開発した「食卓で食べない人」のための食器

質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」

この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「IKEA 365+」のディナーウェアシリーズを3年もかけて刷新した理由には、イマドキのライフスタイルが色濃く反映されていました。

ベーシックなデザインに彼らが施した、リュニューアル後の工夫とはなんだったのでしょう?そのまえに、まずはこんな研究結果から紹介していきます。

もう、ダイニングテーブルは要らない?

現代の多忙なライフスタイルが原因で、慣例的な食事時間が変わってしまったイギリス人にとって、ダイニングテーブルで食事をする機会はますます減ってきている」。

The Telegraphが伝える記事によると、2013年の時点で研究者たちは、人々の生活環境の変化と、それによって食事をする場所も変わりつつあることを示していました。食卓の場は、ダイニングテーブルからソファやテレビの前へと移動、それも家族全員がそこに集まっている訳ではない、と。

対象者500人は、調査と呼ぶにはやや寂しい数字ではあるけれど、ダイニングテーブルで食事をしている人の割合を調べたところ、週に1回〜2回という人で全体の10%に満たない数字。3人に1人は年に数回、3%にいたっては、テーブルすらないとの回答だったようです。

もちろん、家族揃ってダイニングテーブルでの食事が好ましいが、現実は日々の仕事に追われ、家に帰ればゆっくりソファでくつろぎながらごはんを食べたい、というのが心情でしょう」とは、調査員の弁。こちらはDaily Mailから。

ではこの結果、はたしてイギリスだけのもの?最初の質問の答えがテレビの前だった人、結構いると思うんだけどな。

時代のニーズに合った食器
シンプル=自由度の高さ

改めてIKEA 365+を見ていきましょう。

この20年近い間に、人々のライフスタイルは劇的に変化してきました。日本だけでなく世界中で。1990年代に登場したディナーウェアの刷新にあたり、IKEA 365+の開発者らはこの変化に着目したそうです。

ユーザーの家を実際に訪問し、ニーズを汲み取り、デザインに落とし込む。毎日の生活の中で変わっていく暮らしのニーズや、食事をとりまく状況の変化を細かくヒアリングし、開発にあたる。

あらゆるものが低価格で、それもバリエーション豊富に選べるイケアのものづくりの舞台裏で、3年も開発にかけているとは意外だと思いませんか。

こうして、あらゆる食事のスタイルに対応できるよう、今の時代のニーズに合わせてリニューアルされたのIKEA 365+シリーズという訳です。

たとえばこの深皿/ボウル(399円)、握りやすさと、食事を運んだときの安定感がウリ。ちょっとソースが多めのパスタでも、ソファに深く座りながらだって、こぼさず食べることができそう。

友人を招いたホームパーティーには、サービングプレート(399円より)がおあつらえ向き。お皿の上にグラスを置いて移動することもこれなら楽々。

いつもよりゆっくりの週末のブランチは、ベッドでそのままだってアリでしょ。

収納性の良さも好感度◎

モノに囲まれて生きることが本当の幸せなのか。近年、欧米を中心にシンプルライフやタイニーハウスに傾倒する人が増えています。モノを最小限に抑えたとき、きっと食器もこういうものになるんじゃないかと。

シンプルでベーシックゆえに飽きずに、長く愛用できる無地の白皿ならば、これ一式でだいたいのことはまかなえてしまうから。

そして、これも大事なポイント。IKEA 365+は収納性にもこだわりがあるんだそうです。コンパクトな収納スペースでもかさばらないよう、グラスもボウルもすべてスタッキング(重ねて収納)でき、キャビネットの中でも場所をとらない。

ごはんも、おかずも、ラーメンも、どんぶり一つで済ませていた学生時代に戻ったような感覚が、久しぶりに蘇ってきました。そういえば、あの頃もソファやベッド、テレビの間であぐらをかいて好き勝手に食べてたっけ。

食事はきちんと椅子に腰掛けて、はもしかしたら、もうずっと以前からみんなの中で失われていたのかもしれません。食のシーンの多様化に合わせ、TPOで使い分けが利くお皿が、やっぱり一番重宝するってことなのかも。

Licensed material used with permission by イケア・ジャパン
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
今春4月25日、新しく出店する「IKEA原宿」のオープンに向け、「イケア・ジャパン」は日本でもっとも話題のバーチャルモデル「imma」とパートナーシップを...
えっ、PEE(=おしっこ)?スウェーデン発祥の家具量販店、そう、あのイケアだ。彼らが新しい広告を出したという情報を入手したので調べてみたら、上の単語が並ん...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
ガラスファイバーと樹脂を掛け合わせた、割れない食器「ARAS」。生涯破損保証付き。
じつはこれ、半分の食べ物が鏡に反射して、ユーザーには倍量に映るというトリック。たったこれだけなんです。それでも、倍の量食べているような錯覚でお腹がいっぱい...
「レゴグループ」と「イケア」は、8月27日、両ブランドのコラボレーションから生まれた遊び心あふれる収納ソリューション「BYGGLEK/ビッグレク」を発表。...
「イケア・ジャパン株式会社」が同社初の法人向け「ビジネスプランニングスタジオ(仮称)」を開業する。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「佇まいが素敵な食器」を3つ紹介。トルティーヤチップスとサ...
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
世界27ヵ国の「イケア」にて「BlackFriday」にちなんだキャンペーン「#BuybackFriday」を開催。不要な家具を買い取り、必要な方に販売し...
「イケア」はプラントベースフードの新メニューを販売。大豆などを使ったカツをのせたカレーや、肉にそっくりな野菜由来のケバブを入れたサラダ、さらには乳製品を使...
「IKEA」と「SONOS」がコラボレーションし世界中で話題となった「SYMFONISK テーブルランプWiFiスピーカー付き」がついに日本で発売。
「ミニマリスト」とは物理的な意味のほかに精神的な意味も持つ。ここでは、ミニマリストの意味や得られるメリット、ファーストステップとしておすすめのアクションに...
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
僕らの日常にちょうどいい━━。そういう感覚でつき合える「IKEA」を集めてみました。
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。
全国の「IKEA」にスウェーデンの夏の風物詩「ザリガニ」メニューが登場。
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。