紙皿を使いまくる「罪悪感」にサヨナラ!

長かった冬も終わり、行楽シーズンの到来。お花見にバーベキューなど、アウトドアが楽しくなる季節です。

アウトドアで便利なのが紙皿や紙コップなどの使い捨ての食器。けれどゴミ捨て場がないと持ち帰らないといけないので、結局荷物になってしまいます。

でも、もし気兼ねなくポイ捨てできる食器があったら……?

ポーランドの企業Biotremでは、なんと、30日間で完全に自然に還る食器を作っています。すごく画期的!

30日間で自然に還る
「消える」食器

30日間で自然に還る 「消える」食器30日間で自然に還る 「消える」食器

この食器の原料は、小麦を精製するときに出る小麦ふすまと、わずかな水だけ。他のものは一切使用していません。さまざまな特許技術を使い、小麦ふすまに熱と圧を加えて皿の形にしています。

通常、紙は自然の中で完全に分解されるまで6ヵ月程度かかり、プラスチックに至っては数百年以上も残り続けます。しかし、この小麦ふすまの食器は、なんとたったの30日間で分解されて跡形もなくなってしまうのです。

しかも1トンの小麦ふすまから約1万枚の皿を作ることができ、非常にエコ。

30日間で自然に還る 「消える」食器

電子レンジもオーブンも
液体だってOKです

30日間で自然に還る 「消える」食器

食器としての機能も優秀。土に埋めなければ、もちろんちゃんと長持ちします。

熱いものにも冷たいものにも使えるし、電子レンジやオーブンだってOK。汁気の多いスープだって問題なし!

ピザの生地をのせてそのままオーブンに入れたり、パンを焼くときの型として使ったりすることもできるんですよ。

小麦ふすま100%なので、うっかり食べてしまっても大丈夫だそう。何でもかじっちゃう小さい子どもにも安心かも?

30日間で自然に還る 「消える」食器

新しい「使い捨て」習慣

30日間で自然に還る 「消える」食器

アウトドアで使うときに必須のナイフやフォークなどのカトラリーもセットで製造されています。

ホームパーティでも大活躍しそうですよね。ホストになったとき、みんなが帰宅したあとの後片付けがなんとも負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてとても理想的。

ちなみに現在この小麦ふすまの食器は、年間約1500万枚製造されているのだそう。
こんな食器がもっとポピュラーになったら、私たちのライフスタイルも変わってくるかもしれませんね。

30日間で自然に還る 「消える」食器
Licensed material used with permission by BIOTREM
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふち...
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
大阪の町工場「藤田金属」とデザイン事務所「TENT」がコラボ。“つくるとたべるをひとつにする”をコンセプトに、お皿になるフライパン「ジュウ」を発売中。
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新し...
日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がす...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に関わるみなさまから、“レシ...
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
小麦粉を減らす代わりに「生のおから」を使います。
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します...
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
うまくいっていない関係を、無理にうまくいかせようとする必要はない。関係が壊れたときは次の恋に進んだっていい、と教えてくれる「Elite Daily」の人気...
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
〈LA COMPAGNIE BMC〉のカラフェは、プラスチックだからこそのカラーリングやカタチが楽しめます。70年代、フランスの学校などで使用されていたモ...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。