ヘルスケアの最新ウェアラブル端末に必要なのは…息!?

エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつなんですが、特徴的なのは体内データの計測方法。“アレ”が体の重要なサインになるんだとか。

手首に巻くだけ、はもう古い?
代謝情報は“息”から集める時代

PATHは手首に装着する「Band」と、息を吹きかけて代謝情報を測定する「Breath」からなるウェアラブルデバイス。

手首に装着したり、リストバンド形式の健康管理デバイスは数あれど、その多くが心拍数に基づくデータをもとに計測するものがほとんど。けれど、このPATHで必要な計測情報は「息」だといいいます。

一日の脂肪燃焼量を予測。
あと、どのくらい運動が必要?
を教えてくれる

飲酒検問じゃないけれど、呼気によるアルコール検査のように「Breath」を口にくわえてフーッと息を吹きかけるんだそう。タイミングは、ウォーキングやエクササイズといった運動中に約5分間。

たしかに運動の最中に、しかも5分はちょっと長い。でも、この呼気のデータが運動の目的ともなる代謝量を知る手がかりになるんだとか。

こうしてBreathに呼気を送ることで、酸素濃度や二酸化炭素レベルを検出して、代謝情報を測定、同時にBandが心拍数や体温を測り、これらの情報を結合して、どのように体が脂肪と糖分を燃焼しているか、24時間以内に必要な運動量を算出。たとえば、ジョギングだったらあと〇分、エアロバイクならあと〇分といった具合に。

バイタルデータを統合し、
目標設定をアプリが可視化

また、呼気と心拍数から計測したバイタルデータは専用アプリを通じて、スマホで一元管理もできるそうで、カロリー消費量や、代謝までの目標数値を可視化。

ユーザーごとに異なる代謝量が、日々の運動ルーチンによってどのように変化させるかをアプリが時間をかけて学習し、最適なエクササイズプログラムをおすすめしてくれる機能付き。

効率よく体脂肪を落としたりダイエットしたくても、何から始めて良いかわからない…なんて人には、目標設定のサポート役になってくれそう。

サンフランシスコ州立大学とムンバイの学生、300人以上のサンプルデータを収集し、スポーツ統計学者らと共同で開発されたPATH。

意匠は、NikeやGoogleのウェアラブル端末を手がけたデザイナーに依頼し、なんでも、あのApple共同設立者のひとりスティーブ・ウォズニアックからもフィードバックをもらい開発にこぎつけたそう。

すでにKickstarterで資金調達も成功。2017年7月の発送に向けて、現在299ドル(約3万5,000円)で予約受付中。正直、ちょっと高いかも。

Licensed material used with permission by PATH Design
2015年4月30日にオンラインで販売を開始してから、数ヶ月間にわたって品切れ状態が続いていたウェアラブルデバイスがある。株式会社ログバーが開発した「RI...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
トリニティ株式会社」が「テクノロジーは内側に、ファッションを外側に。」をテーマにすたウエアラブルデバイス「weara(ウェアラ)」を発表。高いデザイン性と...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
いま、世界中の若者から人気を集めている「ASMR」。ASMR動画を見て、「頭や背中がゾワゾワっするけどなんだか止められない!」と感じたことのある方も少なく...
「ナイキ」がスタートした自宅でできるワークアウトプログラム「The Living Room Cup」。課されるフィットネスを通じて、ナイキが契約するプロア...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差が...
2020年5月6日に販売開始予定の「Forme Life」は、AIが搭載されたスマートスクリーンだ。映し出されるのは、ボクシングやヨガのトレーナー、インタ...
一応はペニスリング、だけど、いろんな使い方ができるマルチプレイヤー!
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
春は出会いの季節。新しい恋のチャンスが増えたという人もいるのでは?そんな季節にぴったりの、ちょっと変わったアイテムがあります。見た目はイソギンチャクのよう...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
4月6日よりサービスがスタートした「GenoFitness」は、遺伝子検査とそれに基づくオーダーメイドのオンラインフィットネス動画が、月額9,98...