羽田空港で買うべき「ルームウェア」。

ずっと旅先でのルームウェアには頭を悩まされてきました。

旅館なら浴衣でいいんですが、ホテルのナイトウェアってどうも苦手で。Airbnbに宿泊する時は、当たり前だけどそれすらない。かといって、限られたラゲージスペースを犠牲にしてまで持っていくほどでもないんですよね、部屋着って。

結局、持ってきている洋服で一番どーでもいいやつをそのまま着て、そのまま寝ることになるわけです。寝心地が悪くても……。

〈TO&FRO〉の「コンフォータブルTシャツ」&「コンフォータブルパンツ」は、そんなニーズに応えたウェアです。

吸水・速乾性に加えて抗菌・防臭加工が施された生地を使用しており、シーズンや気候を問わず着用可能。さらに、軽くて、肌触りがよくって、とにかく着心地が最高です。着替えるだけでリラックスできます。

ペラっと薄手の生地なので、Tシャツとパンツをセットでバッグに入れてもかさばりません。

つまり、旅用のルームウェアとして最適ってわけです。しかも〈TO&FRO〉は羽田空港にも店舗があるので、渡航前に購入できちゃいます(中川政七商店の公式オンラインショップでも購入可能です)。

あっ、もちろん旅先だけじゃなくて、日常のワンマイルウェアとしてもオススメです。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
〈TO&FRO〉の「レインパンツ」。このブランドは軽量織物の分野で世界的な評価を得ているメーカー発ということで、素材がスゴイ。
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
「CALVIN KLEIN UNDERWEAR(カルバン・クライン アンダーウェア)」に新シリーズ「TRAVELER」が登場します。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
〈Vixen(ビクセン)〉と〈Coleman(コールマン)〉のコラボモデルである「コールマンH10×25」は、倍率10倍でレンズは反射防止、ボディは頑丈な...
ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
歴代のディズニー作品に登場したお姫様になれる―。そんな夢のようなルームウェアが、PEACH JOHNから発売され話題になっています。その名も「Disney...
旅に出る時は、荷物は少しでも軽くしたいと思うもの。特に長期の旅行者にとっては、荷物は少なくて軽い方が身軽です。そんな方にオススメなのが、15個の特殊機能が...
暗闇の中、胸元に光る「yes」のメッセージ。
伸縮性のあるリブ素材だから、肌ざわりがいいのはもちろん、ホックを繋いだままでも着脱可能。金具部分など、細かいディテールへのこだわりが見えて、シンプルなシル...
とてもミニマルなデザインのショーツで、トラベル用として展開されている〈THE NORTH FACE〉の「TECH LOUNGE SHORT」。ニオイを軽減...
羽田空港国内線第1旅客ターミナルの出発ロビーで、アート展示「旅する日本語」が開催されています。放送作家の小山薫堂氏による「旅」と「日本語」をテーマにしたエ...