満月みたいな「コースター」。

洋服やシューズでコンクリートと表記されたカラーがあると迷わずチェックする。単なる灰色よりもニュアンスあるグレーや硬質で冷たさまで感じられるようなグレーには無条件で惹かれるからだ。

mortar(モルタル)〉は、まさにそんな“グレーファン”垂涎のブランドだ。コンクリと同じセメント混のモルタルという素材を活かしたプロダクト群には、ロジック不要のカッコよさがある。

コースターは、そんな〈mortar〉の世界観を手軽に楽しむのに最適な一品。コイツがテーブルの上にセットされるだけで、空気がピリッとする(ような気がする、僕は)。

テーブルウェアってホッコリと温かみのあるモノが好まれる傾向があるけれど、こういうベクトルもあってもいいと思う、否、あったほうがいいと思う。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
〈TO&FRO〉の「コンフォータブルTシャツ」&「コンフォータブルパンツ」は、吸水・速乾性に加えて抗菌・防臭加工が施された生地を使用。軽くて、肌触りがよく...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
12月4日(月)の満月は、「スーパームーン」。月が地球に近づくタイミングと満月が重なって、通常よりも大きく見える特別な日なのだ。『国立天文台』によると、満...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
アンティーク雑貨でよく見かけるホーロー缶。年代物は雰囲気ありますが、かなり高価。こちらは、〈AXCIS(アクシス)〉から発売されている現行品。ポイントはち...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
デザインはジャスパー・モリソン、製作は松徳硝子という豪華な組み合わせによって生まれたグラスは、高級感のある佇まい。だけど、1個税込1,944円。とても控え...
「国立天文台」によれば、本日6月20日(月)は満月。そして夏至が近いこの時期は月の高度が低いので、夕日の影響で月が赤く(琥珀)に見える現象が起きます。これ...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
手作りらしく、よく見ると凸凹部分もあるし、色ムラもある。蓋だってサクッと開閉できるわけじゃない。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
オーダーメイドのビジネスウェアを得意とする〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉。スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオー...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...
春夏に向けて、ちょい派手な時計が欲しかったので2本購入。選んだのはレッド&ホワイトとイエロー&ブラックのモデル。前者は完全にファミコンカラーだと思ってる。