迷彩のランチョンマット!

理屈抜きで迷彩柄には惹かれます。“えっ、こんなモノが迷彩に!!”という意外性があるとなおよしです。

最近では世の迷彩アイテムの幅も広がってきて、少々のことでは心が踊らなくなってきたんですが、〈MOUNTAIN MORNING(マウンテン モーニング)〉の「your cloth」は久しぶりに“おおおお”となりました。

購入時はロールになっていて、40cm毎に切り取り線が入っています。使う際には手でカット。40cm×40cmのクロスが全12枚という内容です。使い捨てっぽい仕様ですが、もちろん何度でも使えます。

とくに使い方を限定しているプロダクトではないので、ハンカチでも布巾でも収納の目隠しなど、何に使ってもいいんですが、ランチョンマットにちょうどいいですね。

迷彩のランチョンマット。テーブルコーディネートの遊びとして楽しいです。パンとコーヒーとか、シリアルだけとか。簡素な朝食だって気分が全然違ってきます。

『VOIRY STORE』の公式オンラインショップで購入可能です。サンドカモのバージョンもありますよ!

 

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
その色のせいもあってか、どことなくBOROの魅力に近いかも。
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
アンティーク雑貨でよく見かけるホーロー缶。年代物は雰囲気ありますが、かなり高価。こちらは、〈AXCIS(アクシス)〉から発売されている現行品。ポイントはち...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
紹介するのは、何度も来るしつこい勧誘に疲れた人にオススメの玄関マットです。
当方中年の男性です。だから、少々のことでは“カワイイ”とか言わない。無邪気に使うには抵抗がある言葉です。
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
機能としては、マグネット式の木製ペグ。キッチンや洗面所などで、ちょっとしたものをひっかけるのに使うんですが、まずマグネットが強力です。メモやタオルどころか...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
手作りらしく、よく見ると凸凹部分もあるし、色ムラもある。蓋だってサクッと開閉できるわけじゃない。
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。