世界初!3時間分の運動量を20分に集約できる「EMSスポーツウェア」

EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!

トレーニング効率を
最大化できるウェア

481ea1ad74dad3f98b8660de2e95390524d6b402336844260cce3c40ccd54d3a0fc66d7d8ca4c201

ただの矯正用ではありません。「ANTELOPE」は、各筋肉の構造に沿って回路が敷かれており、専用のデバイスから電気刺激をコントロール可能。あらゆるスポーツで実際に使っている筋肉への負荷を最大化できます。

4週間トレーニングを行えば、全体の運動パフォーマンスは30%、ジャンプ力は20%、筋肉のボリュームは10%、それぞれ向上が見込めるそうです。さらに、負担からくる背中の痛みを90%抑えられるとも。

全8種の筋肉増強パターン

65458db9826d512446d983d3523a6cd60e4ab829

刺激できるパートは腕・胸・腹筋・太もも・背中などなど。それぞれのパートごとに8パターン選択できるので、必要なところだけ鍛えられます。

スーツはストレッチ素材。通気性もよく、"洗える"のも安心なところですね。

アプリで分析可能

07729092422b0f64b4a7ea98584254d58edf6f35

スマホと連携してプログラムに沿って計画的にトレーニングを進められるのも"スマートスポーツウェア"ならではの機能です。

「3時間で得られる筋トレ効果を、たった20分に集約できる」との謳い文句もかなり魅力的ですが、その上データを元に管理ができるのはスポーツを科学する上では嬉しいところ。

全身用だけでなく、注文できるバリエーションも豊富です。以下の画像を見てみましょう。

9d39e3ab0d88b2fa4c6688277f8a56e9b9a644ef

INDIEGOGO」で事前予約を受け付けており、2016年2月の配送開始を予定。

部分的なものに関しては、増強パターンのチャンネル数は少なめですが、必要なトレーニングに応じて選択できます。

全身用のセットは1349ドル。日本への送料は69ドル追加になるため、合計1418ドル(約17万2千円)で予約できます。

ジムにいくのは面倒だけど、自宅に器具を揃えるのは大変だーーそんな人にとっては、筋力への負荷を増大できるこのウェアは重宝されるのかもしれませんね。その他の詳細はコチラから。

Licensed material used with permission by Antelope Club
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
現役パーソナルトレーナーが、筋力アップやシェイプアップ、健康維持に役立つトレーニング方法を解説する動画サイト「筋トレTV」。今回は、同サイトに掲載されてい...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつな...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
「スポーツジムやフィットネスクラブに通う」「近所をランニングする」など、健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。じつは今、運動前後...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が開発を進める、新製品のアウタージャケットに、いま世界のアパレル業界が注視してい...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
生活­習慣を見直し、根本的な「美」の改善を狙う“結果重視”のアロマサロン「Organic Aroma Gift」。今回は同サロンの公式HPで公開されている...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
私たちの筋肉をつくりあげるのはたんぱく質。となれば、ワークアウト後はとにかくお肉を食べればOK……とはいかないのがヒトの体の構造。筋トレのあとにオススメの...
2015年4月30日にオンラインで販売を開始してから、数ヶ月間にわたって品切れ状態が続いていたウェアラブルデバイスがある。株式会社ログバーが開発した「RI...
常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...