スポーツライターが「クライミング」を初観戦したら、マジでハマった!

スポーツクライミング日本代表・土肥圭太選手に話を聞いて、このスポーツの何たるかを知った。「ROCKY品川店」でボルダリングを楽しむ流行に敏感な人たちの話を聞いて、このスポーツの可能性を大いに感じた。

そして8月。スポーツライターである自分と、これまで共に取材を続けてきた古くからの付き合いである担当編集Yは、「クライミング世界選手権」を目撃するため八王子を目指した。以下は、初の生観戦を終え、興奮を隠せない二人の声——。

「とにかく運営がよくできてる!!!」

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

ライター細江(以下H):いやあ、Yくん。無事に終わったね。クライミング世界選手権。

担当編集Y(以下Y):ですね〜。この企画に乗っかって初めて生観戦したんですけど、ヤバかったですマジで。思った以上に興奮しました。

H:同じく。

Y:僕は大会3日目の「ボルダリング」男女準決勝・決勝を観に行ったんですけど。

H:俺たちの土肥くん、なんと5位!

Y:いやー、超興奮しましたよ。だってずっと2位で、「もしかしたらメダル!?」って思ってたんですから!

H:俺は行けなかったんだけど、Yくんから「土肥くんがヤバい!」ってLINEがバンバン来てウザかった。こっちはYouTubeのライブ中継で観戦してたってのに。

Y:すみません(笑)。でも、何が面白いって、僕がエラそうに言うのもアレですけど、とにかく運営がよくできてるんですよね。ボルダリングは4つの課題にチャレンジして獲得したポイント数で争われるんですけど、準決勝は4選手が同時に出てきて4つの課題に挑戦するんです。

H:うおー!アイツがあの課題クリアした!とか、うおー!今度はアイツもクリアした!とかってことね。

Y:決勝は一人ずつですが、順位が目まぐるしく変わる。だけど、リアルタイムで大型ビジョンに表示されているからわかりやすくて。

H:確かに、アレはドキドキするわ。しかも、そのビジョンが舞台裏の選手たちには見えていないのもポイントだよな。選手たちは、歓声の大きさで「ああ、あのパートをクリアしたんだ」ってことを読み取るわけ。

Y:土肥くんが言ってた通りですね。会場内ではMCと解説者が状況を細かく説明してくれたり、光と音の演出も素晴らしかったので、シロウトでも十分に楽しめました。僕、興奮して叫んじゃいましたもん。「どっひーーーーー!」って。

H:土肥くんて「どっひー」って呼ばれてんの?

Y:いや知りません。

H:一回インタビューしただけで馴れ馴れしいヤツだな。

「やっぱり、日本人選手の頑張りには心を打たれる」

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

Y:細江さんは何を観たんでしたっけ?

H:大会のクライマックス、10日目に行われた「コンバインド」女子決勝だね。コンバインドは「複合」という意味で、「ボルダリング」と「リード」、それから「スピード」の3種目の総合ポイントで争われるヤツ。

Y:東京オリンピックはその形式で行われるんですよね。

H:そうそう。だから、かなり注目度が高かったよね。日本人選手にとっては最上位者が東京五輪出場に内定するという“副賞”があったから、緊張感がすごかった。

Y:男子は楢崎智亜選手が予想どおり金メダル、女子は第一人者である野口啓代さんが銀メダルで東京五輪内定を勝ち取ったんですよね。僕も観ました。興奮したなあ。

H:いやあ、コンバインドは奥が深いよ。競技は「スピード」から始まって「ボルダリング」「リード」の順番で行われるんだけど、順位をそのまま掛け算するのよ。ここがポイント。つまり、3種目とも1位なら「1×1×1」でポイントは「1」。ポイントが少ないほうが上位。この算定方法がすごく面白い。

Y:なるほど〜。細江さん、何回くらい叫びました?

H:俺、もう40歳だから声に出すのは我慢したけど、心の中では何度も叫んだし、何度もガッツポーズしたよね。

Y:我慢する必要ないのに。

H:やっぱり、日本人選手の頑張りには心を打たれちまったわけよ。野口啓代さんの安定感と女王感と野中生萌さんのギラギラ感はカッコよかったし、森秋彩さんがリードを完登した瞬間は「ブラボー!」と叫んだ。もちろん心の中で。

Y:声に出してくださいよ。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

H:そして、なんと言っても今回の最大の発見は、アイドルに出会ったこと。

Y:アイドル?

H:伊藤ふたばちゃん。キュートすぎる。

Y:うわ!やっぱり!

H:まだ17歳の期待の星なんだけど、とにかくもう、登っても落ちてもキュート。ずっと笑顔。手を振って笑顔。お辞儀して笑顔。あまりにもキラキラしすぎていて、完全にノックアウトされちまったわ。

Y:細江さん……いいと思います……。

H:だから決めた。男子は「どっひー」こと土肥くん。女子はふたばちゃんを全力で応援する。てゆーか、何より初めて生観戦したスポーツクライミングは、思っていたよりもずっとずっと面白かった。こりゃハマるわ!

Top image: © 2019 NEW STANDARD
今、「ボルダリング観戦」が激アツ!
「デニムクライマー」と呼ばれるスポーツクライミングの土肥圭太選手にインタビューしました。
8月11日に開幕する「クライミング世界選手権」の紹介。舞台は八王子のエスフォルタアリーナ八王子です。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
川崎フロンターレのホームスタジアムには、待ち時間ゼロの飲食注文サービス「ダイニー」が導入されているんです。
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
一般のクライマーは、どんなところに魅力を感じているんだろう?ボルダリングジム『ROCKY』の品川店に足を運び、声をかけてみました。
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
茨城県高萩市で国内初のドローンサッカー大会が開かれる。ドローンサッカーはeスポーツ同様、老若男女問わずバリアフリーで楽しむことができるもの。ドローンを主軸...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
2020年4月、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトにしたホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪に誕生。
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
今、注目しておくべき「日本クリケット界」について。
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
史上最年少のクリケット日本代表、高橋和雅選手のインタビュー。