木からぶら下がる「テント」は、新しいキャンプのかたちになる?

普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテント、設置場所が…ええっ、木の上?

木に吊るしたテントで過ごす
エクストリームキャンプ

portaledge

ここはドイツ、バイエルン州プフロンテンにある「Waldseilgarten Mountain Resort」というリゾート施設。大自然の地形を活かしたスリル満天のアクティビティと、他では体験できないテント泊で、欧米のアウトドア愛好家を中心に人気を集めています。
海抜約800メートルのプフロンテンから、さらに山を登った先にあるのがこの施設。標高は優に2,000メートルを超える山頂付近。そこに生える大木の枝に吊るされたのがこのテントです。

portaledge-5

まずもって、高所恐怖症の人には絶対に向きません。なにせ、木の枝に吊るされた状態で、一夜を過ごす訳だから。
もちろん、地面の上に設置するテントとは種類も異なります。こちらは断崖絶壁を登るロッククライマーが、仮眠をとったり休憩をするために設計された「ポータレッジ」と呼ばれるもの。
クライマーの寝床に比べれば、いくらかこちらはマイルドですが、それにしたって空中で一晩、ぶら下がりながら寝るというのは、果たしてどんな心地なのでしょうね?

各テントは、しっかりとプライバシーが保たれる距離に吊るしてあるので安心。スリル満天だけど、カップルで一夜を共にすれば、満天の星空も、燃えるような朝焼けも二人だけのもの。間違いなく絆が深まり、今まで以上に二人の仲も急接近!?

_MG_6164_sif_1000x1000px_01_18f89092af

さて、もっとスリルを求める人には、こんなプランも用意されています。こちらは本気モード全開のポータレッジキャンピング。高所に“免疫”のある勇敢な人におすすめです。それにしても、こんな状況で人間はぐっすり眠れるものなの?

Licensed material used with permission by waldseilgarten-hoellschlucht

関連する記事

イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
「第二次キャンプブーム」とも言われている昨今。「テント」も多種多様なものが登場。もちろん寝床としての機能を備えながら、あわよくば新しい働き方であるテレワー...
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
素材メーカーCocona社によると、断崖絶壁を登るクライマーにとって37.5度は理想的な体温。わずかな時間でも急変する山の気候を考えたら、体温をキープする...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
肩に背負う重い荷物。テントを張る手間。そんなキャンプ初心者にとっての面倒をなくしてくれるアイデアがある。それが「Scout」が提案する自転車一つでできるソ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。