【世界初】まるで秘密基地のような「十字型テント」に、ワクワク感が止まらない!

あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に過ごすために作られたものではないから。イメージしたのは、子どもの頃に思い描いた秘密基地のように「不便だけどワクワクする」、そんな空間です。

野外フェスやキャンプで
友達と盛り上がりたい!

625086f69c37e1620e2d0e3e0c0b1b2694ec743802ccb4c3c11ae14ff9e4752248dd8ea65527998e

「クレイジーエックス」は、4つの寝室スペースと、それらをつなぐ中央のミーティングスペースで構成された十字型のテント。野外フェスなどのキャンプサイトでも見つけやすいカラフルな迷彩デザイン。ネーミングも実にナイスです。

0ba0e89fced9ff561463bbe0a58305c8915cf0b5

ミーティングスペースでは、4人が顔を合わせて談笑したり、トランプなどで遊んだりすることが可能。テント内は座ることも両手を広げることもできないくらい「狭い」のですが、寝そべりながらみんなで話をするワクワク感はたまりません。

ラクラク設営!
超軽量・コンパクト収納

9db5bf2e1d5463ac32ba83a7e08094bdf98ac29f

設営・撤収は、初めての人でも簡単にできるワンタッチシステムを採用。 ロープを引っ張るだけで中央部分を展開でき、寝室スペースを固定すれば完成します。通常のテントと比べて高さが低いため、大型野外フェスが開催されるような開けたキャンプサイトでも、風の影響を受けにくい構造と言えるでしょう。

91bfbd55b8994f4185c336daf8ccc7edf4d8458b

4人用テントでありながら、重量約3.6kg、サイズ直径21×54cm程度に収納可能。電車やバスなど、野外フェス時に混雑する公共交通機関での移動も楽に行えます。

3bb52828fbc418aa2564f27e312beec59b060deb

ミーティングスペース上にあるトップシートの下はメッシュ生地。真夏の暑い時期でも快適に眠れます。4人で星を眺めることもできますよね。

D59f55f7b9325600b965285faf8c93928972de94

夜間、中に灯りを入れれば宇宙船のような不思議な形が浮かび上がります(※画像は開発段階のサンプル)。

「クレイジーエックス」の価格は18,000円(税別)。ちなみにテント内への入口は個別に設置されており、絶妙な距離感とプライバシーを確保できる模様。これで友達とのキャンプが一層盛り上がること間違いなし!

Licensed material used with permission by DOPPELGANGER OUTDOOR(R)
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
イーストロンドンのリージェント運河沿いに建築された「H-VAC」は、まさに、オトナの秘密基地。パッと見は、空気ダクトにしか見えない。しかし、内部は、ロフト...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
〈Kirkham's(カーカムス)〉は、コットンテントで知られるソルトレイクシティのアウトドアメーカーです。そのペグバッグは、ハンドルがあって軽量なので普...
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...