寝室専用の「ぽかぽかテント」なら、自宅でキャンプ気分が味わえる

アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「これは欲しい!」と、納得するはずです。

ベッドをまるごと覆う
室内テントでぽっかぽか

スクリーンショット 2015-12-05 14.52.14

実は、このテントは室内で使うことを前提に作られたもの。それも、ご覧のとおりベッドの上にそのまま設置するものなのです。その名も「Room in Room」。室内専用なため床部がすっぽり開いちゃっているので、アウトドアでは役に立ちません。

2a6725d7978cfc2d022d6846b841c10d_original

2本の支柱を交差させて、テントの骨組みとするところまでは全く同じ。ところが、ペグで固定する代わりにこちらはベッドの四隅にテントをシーツのように引っ掛けて固定します。ナイスアイデアでしょ?

フトンの暖かさを
そのまま閉じ込める

 

スクリーンショット 2015-12-05 14.45.28

「Room in Room」は真冬の寒さから身を守り、効率的に熱量を供給するようデザインされたテント。外気を遮断しながら、内部の熱を循環させていきます。動画の実験では、テントの外と内部とで12度の気温差を計測していますが、それ以上の温度差にも対応できる、と開発した iKamperUSAは自信たっぷり。

エアコンをつければ済む話?いえいえい、冬の期間の光熱費を考えれば、先行販売価格70ドル(約8,600円)は決して高い買い物ではないのでは。

スクリーンショット 2015-12-05 14.54.19

もちろん、ぽかぽかのテント内部では、いろんなアクティビティが楽しめる仕掛けも。たとえば、ラップトップパソコンを開くのも、ベッドに直置きの必要はありません。腰や肩を痛めることなく、座ったままの姿勢で操作できるよう、調節ストラップ付き。

スクリーンショット 2015-12-05 14.54.52

こちらも、スマホやタブレットを寝そべったまま操作できる“楽チン”設計。

ベッドサイズに合わせ4段階で販売を予定しているこちらのテント。このままファウンディングで資金が貯まれば、より充実したファンクションが追加された、冬場の必須アイテムになるかも。ちょっとしたキャンプ気分も味わえる室内用テント。気になる人は、こちらから。

Licensed material used with permission by iKamperusa Inc.

「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...