ハサミを使って「セクシーブラ」を作る方法

あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。
そんな時でも安心。パーティーや夏場にもうってつけのホックが後ろから見えないブラジャー、名付けて「ホックレスブラ」の作り方を教えます!

チラ見えしない!
ホックなしブラの作り方

th_スクリーンショット 2015-10-09 10.25.15背中が開いたトップスを着た時に、後ろからホックが見えていたのが、

th_スクリーンショット 2015-10-09 10.26.00このホックレスブラがあれば、スッキリ収まります。早速作り方を紹介していきましょう!

5分ほどで
単に作れる!

th_スクリーンショット 2015-10-09 11.09.18必要なのはブラジャー(好きな色でOK)とハサミ、まち針そして糸(ブラと同じ色を推奨)だけ。th_スクリーンショット 2015-10-09 11.11.32ずはブラジャーの背中部分にあたるサイドベルトとストラップの接続部分を、ハサミで切ります。th_スクリーンショット 2015-10-09 11.11.54そしてカップとサイドベルトを切り離します。この時レースが残らないようにするのがポイント。

th_スクリーンショット 2015-10-09 11.14.05反対側も同じようにカットします。th_スクリーンショット 2015-10-09 11.20.32ストラップをカップのご覧の位置にまち針で止めて、サイズを確かめるために実際着けてみます。この時、ピンで傷つかないように針の先端をテープで止めておくと安全。th_スクリーンショット 2015-10-09 11.21.31サイズに違和感がないかチェック。th_スクリーンショット 2015-10-09 11.21.46問題なければ、そのまま糸で縫って終了。 DIYのホックレスブラが完成です!

簡単に作れるので実際にやってみては?YouTuberのRay Leeさんが、作り方を分かり易く紹介している動画はこちらから。

Licensed material used with permission by Ray Lee

胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
好きな人とベッドイン。でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、...
Kickstarterで出資を募っている、あるブラジャーが話題になっています。資金募集を開始して、わずか24時間で3万ドル(約360万円)の目標金額に達成...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
イタリアの老舗〈premax〉の折りたたみハサミ。カラバリ豊富ですが、僕はブラックの刃とイエローの指環っていう組み合わせが気に入ってます。
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
"ドイツはゾーリンゲンの刃物メーカー、〈Boker(ボーカー)〉のハサミは、機能美という言葉に尽きます。金属の仕上げやハンドルのくびれなど、使いやすさと美...
アーティストのAnn Woodの標本はとてもリアルで美しいけど、なんと紙とハサミで作られています。シンプルな素材からできたとは思えないほど、緻密な作品に圧...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...