ノーブラ最高。13の理由

胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。

今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshley Fernさんの記事を紹介します。

01.
あの「自由」になれる瞬間がたまらない

ブラジャーを外す瞬間ほど「解放感」を味わえるときってある?日々のあらゆるしがらみから解き放たれて、胸に大きく息を送りこむの。

02.
とにかくラクチン

これだけは間違いない。

03.
換気に歓喜

胸と胸の間を、爽やかな風が通り抜けるわ。

04.
背中が大きく開いたトップスが着れる

ノーブラは、人生の幸せをつかみとるって言っても過言じゃないわ。夜の営みは胸で楽しんで、パーティは背中が大きく開いたトップスで周りを誘惑。

ブラジャーを外すことで、いろいろなスタイルに挑戦できるわ。

05.
食事中はトレイ代わりに

世の中には「胸をトレイ代わりにする女性」と「嘘つきの女性」の2タイプしか存在しないのよ。

06.
ワイヤーで痛くならない

守ってくれるはずのものが、胸を突き刺してくるなんて。テンション下がっちゃう…。

07.
締め付けられていた肩もラクに

バックパックを20分も背負っていたら、ストラップが食い込んで、だんだん肩に負担がかかるでしょ?

ブラも同じ感覚よ。毎日となると、ストラップが食い込んでくるってわけ。

08.
必要なものを置ける!?

胸はマルチに使わないと。

09.
ちゃんと呼吸ができる

コルセットなんて、想像すらできないわ…。

10.
食い込んだ跡を気にしなくていい

誰もあんな跡、欲しくないわ。早いうちにブラジャーを外しておけば、跡もひどくならないの。

11.
ノーブラのほうが後々垂れない

ブラをつけることで、胸が垂れやすくなるって主張する人もいるくらい。

12.
どんな角度からでもキレイに見える

谷間も、横や下にはみ出た胸も。全角度から楽しめるわ。

13.
1日の最後に開放感を

「ブラジャーを外す」のは、1日の終わりの儀式よね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
エシカルファッションブランドのHARAから女性ならではの悩みを軽減する竹からできたブラジャー。ホック、ワイヤー、厚いパットを省き無駄のないランジェリーに仕...
総レースには若干ハードルの高さを感じる人もこれならトライできそう。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
デリケートな部分を守るため、隠すため、カタチを整えるため。私がもう一つあげるとしたら、「気持ちを引き締める」ため。服を上から着てしまったら意味ないじゃんっ...
アンダーウェアをチェックするなら、じつは外せないのがファストファッションブランド。なかでもH&Mは毎シーズン、トレンドを上手にMIXしたラインナップが素敵です。
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Truck」...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
好きな人とベッドイン。でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
Kickstarterで出資を募っている、あるブラジャーが話題になっています。資金募集を開始して、わずか24時間で3万ドル(約360万円)の目標金額に達成...
貧乳女子の強い味方になりそうな記事を「Elite Daily」にて発見しました。それは、自身も貧乳だと語る女性ライター、Laura Argintarさんが...
ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの...