ホワイトデーはこれで決まり! ◯◯を使って、マカロンを簡単に作る方法

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

もうすぐホワイトデーですね。バレンタインのお返しに悩んでいる方も多いのでは?

ホワイトデーのギフト選びはセンスの見せ所です!近年、女性の間で人気を博しているスイーツといえば、「マカロン」ではないでしょうか。

マカロンを作るのは男性や料理初心者の方には難しそうですよね。しかし、ある食材を使えば、超簡単にマカロンが作れるのです。

マカロンって
本来はどんな工程が必要なの?

Processed with VSCOcam with a5 preset

マカロンはフランスが発祥、手間と技術が必要なお菓子です。卵白を泡立てて乾燥させ、じっくり低温で焼くのですが、泡立てた卵白が形を保つためには温度管理が難しく、絞る工程が難しかったり、生地を焼く前に乾燥させたりと料理をあまりしない人にはハードルが高いのです。

秘密は「マシュマロ」

-098678253631881

そんな工程をあっという間に片付けるのが「マシュマロ」です。マシュマロには卵白、砂糖が入っており、マカロンに使用される材料が含まれています。

オーブンの天板の上にクッキングシートをしき、マシュマロを並べて、130℃のオーブンで30分ほど焼きます。

取り出してすぐ、熱々の状態ではクッキングシートからはがさずに、30分ほど経って冷めてからはがしましょう。

仕上げに1枚のマカロンにピーナッツバターを塗り、もう1枚のマカロンで挟んだら完成です。

クリームの中にみじん切りにしたミックスナッツと塩を少しだけ混ぜるとコクや歯触りが出て美味しくなります。

マシュマロのみでつくるため、マカロンと比べるとサクサクとした食感に仕上がりますが、味わいはまるでマカロンのようですよ。マシュマロをオーブンで焼いて、ピーナッツバターを挟むだけ。簡単で美味しいのでぜひ試してみてくださいね。

ホワイトデーのお返しの用意はできていますか?まだ買っていない、何を買ったらいいかわからない、何か気のきいたプレゼントを探している!という人はぜひ参考にして...
ホワイトデーのお返しの用意はできていますか?まだ買っていない、何を買ったらいいかわからない、何か気のきいたプレゼントを探している!という人はぜひ参考にして...
ホワイトデーのお返しの用意はできていますか?まだ買っていない、何を買ったらいいかわからない、洒落たプレゼントを探している!という人はぜひ参考にしてみてくだ...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「MACAPRESSO TOKYO」ぷくっとしたフ...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
バレンタインに送った気持ちは、ちゃんと返ってきましたか?
デパートのチョコレート戦争が終わり、きれいな包み紙の切れ端もごみ箱から消え去った。バレンタイン後、女子が抱えている想いは十人十色。「気になる彼に想いを伝え...
趣味で作っているというユニークな「マカロン」を載せているInstagramアカウント。なかには、ちょっと食べるのを躊躇しちゃうような奇抜な作品もあるとか。
ただ、食べるだけじゃない。マカロンは、気持ちを伝えるためのツールにだってなり得るんです。この「六本木マカロン」ならね。2016年6月6日(月)にオープンし...
静岡の洋菓子店「Poco a Poco(ポコアポコ)」が作る、まるでマニキュアのようなデザインの小瓶に豊かな香りのこだわりジャムを詰めた「極上の香るジャム...
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
ピエール・エルメ・パリといえば、誰に聞いたってマカロンですが、自分のために買うならば「ドゥミルフィーユ」。
明日はホワイトデーだから、プレゼントもずっと前から用意している。そんな男性は、素敵だと思う。ただ、そのプレゼント本当に大丈夫?女性たちの生の声、集めました...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...