とろける肌触り。これ以外履けなくなった「ボクサーパンツ」

BACH(バッハ)やKLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)などを取り扱っているバーリオの展示会で出会った、ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツは、はっきり言ってモノが違います。

スペシャルであることは、触った瞬間にわかりました。圧倒的な肌触りの良さは「しっとり柔らか」なんて表現では役不足。“とろける”と言っても大げさではなく、ずっと触っていたくなりました。

後日、触るだけではわからない快適さをどうしても体感したくて購入したわけですが、実際に履いてみると、気持ちいいのはもちろんのことフィット感が素晴らしい。

ガッチリ固定されるわけじゃなく、スッと肌に馴染む感覚。程よいリラックス感はしっかりとキープされたままです。あまりに快適すぎて、もうこれ以外履く気になれません(笑)。竹由来のオリジナルファブリックは、消臭効果も期待できます。

じつはこのブランドを手がけるオラフ ・トゥフテ氏は、五輪のボート競技において2大会連続で金メダルを獲得した人物。ハードなトレーニングを日課としていたアスリートが新素材に出会った驚きから商品開発に着手することになった、というブランドヒストリーにも興味をかきたてられました。

これだけ極上の一枚でありながら、価格は4,000円(税別)と決して高くはありません。いや、むしろ安いと思います。取り扱い店はこちらでチェックを。

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
〈BETONES(ビトーンズ)〉の新作「CRASH」シリーズは、発色の良いカラーはそのままに、ブランドロゴまでをワントーンで統一。ビビッドでありながら主張...
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
〈BETONES(ビトーンズ)〉の「DANIEL2」は、ワッフル素材を使ったボクサーパンツ。ふわっとした肌触りのよさに加えて、動きやすさやフィット感も抜群...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...