ついに、サマになる「タートルネックセーター」を見つけた!

寒がりな自分にとって、首まで暖かいタートルネックセーターは、かなり魅力的なアイテム。ただし、ひとつだけ問題が。たいていの場合、「タイトで上品」もしくは「ゆるっと可愛らしく」の二択しかないんです。

もう少しラギッドで男らしいデザインのものはないものか……。そんなふうに悩んでいたら、やっとサマになる一着に出会えた!

RAVEN Turtleneck」は、昨日紹介したアウトドアブランド「Tilak(ティラック)」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」のもの。見るからにタフそうなボディと、やや大きめに作られたネックのおかげで、タートルネックセーターにありがちな“なよっとした印象”を排除できそうです。

左脇下のポケットは、右手でのアクセスを考えてジップを斜めにデザインする気の利かせよう。軽くて暖かいはもちろん、体を包み込むように4方向に伸びるファブリックは着心地も抜群。機能面の充実ぶりは、「Tilak」同様というわけです。ネック部分のポケットなど、ギミック的な要素にも男心をくすぐられる!

写真のブラックのほか、チャコールやカーキもあります。

©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
いま無性に気になる「東欧ブランド」まとめ
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「DAGGER NeckWarmer」の紹介です。
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
チェコのアウトドアブランド「Tilak(ティラック)」。その代名詞とも言える「ATTACK JACKET」の紹介です。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。