「FLUXのスピーカー」は、アンダー3000円でこんなに使える!

その辺のスピーカーとはわけが違う!

「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。

この手軽さ、半端じゃないですよ。

©TABI LABO 2019

音楽再生したスマホをスピーカーの上に乗せる。ただそれだけで、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。スピーカー上部のセンサーで音を読み取る仕組み。

どんなときに便利かって、友人のスマホに入っている音楽を大音量で聞きたいとき。

自分のスマホを自分のスピーカーにBluetoothで接続するのは、一度設定さえしてしまえば別に苦じゃない。第三者のスマホを、一回だけのために自分のスピーカーに接続させるのが手間なんですよね。

©TABI LABO 2019

重量はたったの223g。1回の充電で約10時間使用できるので、アウトドアへ連れ出すのは理にかなってる。

でも、オールブラックのラギッドなデザインはリビングに置いてもハマります。音質の面では音響メーカーに分がありますが、場所は取らないし、それなりに迫力のある音楽を楽しめたらいいという人には十分だと思います。しかも税込2,916円。安すぎます。

Amazonや楽天市場で検索するとヒットしますよ。

Top image: © TABI LABO 2019
他の記事を見る
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
全英オープン(ウィンブルドン)で一流選手たちが使った、使用済みテニスボールから聞こえる、あの音。"ポシュンッ"。なんて贅沢なんでしょう。
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...