温度調整で「睡眠の質」を上げるスマートピロー

睡眠との関係を変えるだけで、私たちは人生をコントロールすることができるようになる
──Arianna Huffington

睡眠不足は、肥満、糖尿病、心血管疾患、高血圧、免疫機能障害といった様々な健康上の問題を引き起こす可能性があるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては睡眠の質の重要性について、古今東西、様々な研究がなされてきた。

そのカギは、どうやら頭や首回りの温度にあるとのこと。温度調整をして睡眠の質をあげるスマートピロー「Moona」を紹介しよう。

温度調整が必要な理由

僕たちの身体は、夜の間、異なる温度を必要としているらしい。眠りに落ちるためには、体温を1℃ほど下げる必要があるようだ。そして、深い睡眠のためには、さらに低い温度が不可欠なのだとか。逆に、快適に目を覚ますためには、温度の上昇が必須とのこと。

「Mooma」は、この理論に基づきながら、医師たちの協力を得て開発されたようだ。

睡眠に最適な温度を調整するデバイスから、パイプを通って、ピローへと空気が流れる仕組み。尚、パイプとピローを繋ぐ部分には、快適な睡眠パターンを察知するセンサーが働いているようだ。

スマホで起床時間を
セットするだけ

Moomaスマートスリープシステムは、夜間における睡眠データを年間を通して収集。時間をかけて睡眠パターンを解析するのだそうだ。現在、このテクノロジーは、特許申請中とのことだ。

使い方は、いたってカンタン。スマホのアプリから、起床時間をセットするだけ。尚、このシステムは、最新の睡眠研究文献に基づき、これまでの200人を越える臨床睡眠データがフィードバックされているようだ

Kickstarterで
249ドルから販売

Moomaは、現在、世界最大のクラウドファンディング「Kickstater」で、資金を調達中。目標額の50,000ドル(約560万円)の倍を越す資金が集まっているようだ。それだけ、睡眠の質を求める人が多いのだろう。

ちなみに価格は、現時点では、249ドル(約2万8千円)から。枕としては、少々、高価な気もするが、快適な睡眠を手に入れられるのなら妥当な金額といえるかもしれない。早速、以下の動画でチェックしてみよう。さらに、詳しく知りたい方は、コチラまで。

Licensed material used with permission by Moona
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
格子状の軽量シートで掛け布団カバーの中に入れると、アプリでベッドの温度調節ができるんです。
ランキング機能を搭載した睡眠計測アプリ「ドクタースリーピング」が登場!モチベーションの維持が簡単で、さらに計測した睡眠スコアを「Futonto」直営店で使...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカー「TAKI BE COOKER」。
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者・西野精治が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」が先週8日(金)より販売開始。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
今年は多くの人が家で自炊すると予想されている、アメリカの一大イベントの一つ「サンクスギビング」。定番&主役にして超難関料理である「ターキー」を対象にした「...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
睡眠の秋、快適な眠りをサポートしてくれそうな、おすすめ「安眠枕」を6つ紹介する。読書、運動、芸術鑑賞、美食探訪など、何かと楽しみが多い秋だが、夏を乗り切っ...
「猫舌専科タンブラー」は、熱々の飲み物を約3分で飲みやすい温度にする吸熱剤を内側に使用。
「LG」からマスク型の着脱式空気清浄機「LG PuriCare Wearable Air Purifier 」がついにローンチ!同社の家庭用空気清浄機と同...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
「カルビー」初の機能性食品「にゅ〜みん」は、睡眠の質を高め、起床時の眠気や疲労感の緩和が報告されている「クロセチン」を含有した「可食性フィルム」。独自の市...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
暑い夏にぴったりの冷感インソールが登場! 靴内温度が30度を超えると自動的に温度を下げて適温に調節。その他にも、吸湿、散熱、抗菌、消臭の作用を持ち、炎天下...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。