「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
なにが違うか、わかりますか?
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
こっ…コレは正直、恥ずかしい。いったい何のかぶり物なんだ!?と、思われても無理はありません。だって、はたから見れば明らかに違和感アリですから。だけど、当の...
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...
機能性とデザインが両立した快眠グッズに、なかなか出会えなかった人。これは注目です!スタイリッシュなパーカーに、驚くような快眠機能が隠されていました。一見し...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
お尻好きが本気で開発した枕。2019年頭に、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で目標金額の600%以上に達し現在も発売中。人間工学に基づい...
家族のいびきで眠れない!と発狂気味になっているあなたにとって、スマートデバイス「Nora」は救世主になるかも。もちろん何も装着しなくてOK。何か特別な操作...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
思い返してみると、「ケンタッキーフライドチキン」が手掛ける食以外のプロダクトは、面白いものでたくさん。フレイバーまでこだわったマニキュアがあれば、食欲をそ...
米国カイロプラクティック協会によると、腰痛はよくある欠勤理由の1つであり、アメリカで働く人の80%は過去に腰痛と闘ったことがあるといいます。その上、腰痛は...
Lauren Harburyさんは、今まで長年にわたり、不眠の悩みを抱えている人たちをサポートしてきたそう。環境が変わったり、旅行先になると眠れなくなって...