「押し花を作れる枕」が「シアタープロダクツ」から登場

眠っている間に押し花を作る。

そんなコンセプチュアルかつファンタジックなプロダクトが「シアタープロダクツ」から登場。この「フラワープレスピロー」は、枕だけどブックでもあり、ページの間に花を挟んでおくことで押し花が作れるというものだ。

デザインが素敵なのは言うまでもなく、淡いグレーとベージュの中間色のブックカバーは低反発素材の枕になっていて、寝心地にも配慮。家や職場で仮眠する時にちょうどよさそうだし、インテリアとして置いておくだけでも様になりそう。

日記をつける感覚で毎日1本ずつ草花をコレクションしたくもなったり……。

表参道ヒルズ地下1階のフラワーショップ「dilligenceparlour(ディリジェンスパーラー)」にて販売中。配送も可能だ。

Licensed material used with permission by diligenceparlour
Top image: © diligenceparlour
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
お尻好きが本気で開発した枕。2019年頭に、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で目標金額の600%以上に達し現在も発売中。人間工学に基づい...
なにが違うか、わかりますか?
InstagramやTwitterを中心に話題となっている「#pillowchallenge」。枕をベルトで腰に留め、ドレスのように着こなすというもの。お...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
茶葉1枚1枚をそのまま乾燥させた、押し花のような見た目の「Have a Herbal Harvest」。母の日の贈り物にいかが?
本記事では、心地よい腕枕のコツを紹介しています。愛し合う二人にとって腕枕は憧れであり大事なものだと思いますが、男性側には「腕がしびれる」、女性側には「首が...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者・西野精治が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」が先週8日(金)より販売開始。
眠れない夜に必要なのは羊を数えることではなく、「ヒツジのいらない枕」だ。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
睡眠の秋、快適な眠りをサポートしてくれそうな、おすすめ「安眠枕」を6つ紹介する。読書、運動、芸術鑑賞、美食探訪など、何かと楽しみが多い秋だが、夏を乗り切っ...
最適な首のカーブを保ちいい寝姿勢になるよう開発された、新しい機能性まくら「Fit Nek」。新素材TPEジェルコアと独自配合のMixed Fiber素材の...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...
こっ…コレは正直、恥ずかしい。いったい何のかぶり物なんだ!?と、思われても無理はありません。だって、はたから見れば明らかに違和感アリですから。だけど、当の...
パッと見て、カラフルな模様がエスニック柄のようだなって思ったんです。でも、すぐに小さな葉っぱの集まりからできていることに気づいて驚きました。これは、全て「...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...