2秒で寝れる!?「ヒツジのいらない枕」

羊が1匹、羊が2匹、羊が……って全然眠れな〜い

そんな夜に必要なのは、羊を数えることではなく、羊を数えるヒマもなく眠れる「ヒツジのいらない枕」だ。

瞬時に眠りを誘う、このぽにょんぽにょん感……。

©Makuake

この不思議な素材の正体は、丈夫でしなやかなTPE素材。頭を載せると圧倒的なやわらかさで包み込まれ、穏やかな眠りへと導かれる。消臭効果のある活性炭を練りこんでいるので、加齢臭などの臭いも吸着してくれるそう。

さらに、人間工学に基づいた三角格子構造によって頭と首筋にぴったりフィット。寝返りがしやすく、首や肩への負担もサポートしてくれるので、目覚めもスッキリ。

寝心地バツグンの枕は、応援購入サービス「Makuake」にて販売中。このぽにょんぽにょんに包み込まれて眠ってみたい!

©株式会社太陽
Top image: © 株式会社太陽
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者・西野精治が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」が先週8日(金)より販売開始。
睡眠の秋、快適な眠りをサポートしてくれそうな、おすすめ「安眠枕」を6つ紹介する。読書、運動、芸術鑑賞、美食探訪など、何かと楽しみが多い秋だが、夏を乗り切っ...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
なにが違うか、わかりますか?
お尻好きが本気で開発した枕。2019年頭に、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で目標金額の600%以上に達し現在も発売中。人間工学に基づい...
最適な首のカーブを保ちいい寝姿勢になるよう開発された、新しい機能性まくら「Fit Nek」。新素材TPEジェルコアと独自配合のMixed Fiber素材の...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
本記事では、心地よい腕枕のコツを紹介しています。愛し合う二人にとって腕枕は憧れであり大事なものだと思いますが、男性側には「腕がしびれる」、女性側には「首が...
「イケア」の新商品はアウトドアテイストな枕「FÄLTMAL」。
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...
表参道ヒルズ地下1階のフラワーショップ「dilligenceparlour(ディリジェンスパーラー)」にて販売中の「フラワープレスピロー」は、枕だけどブッ...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
ランキング機能を搭載した睡眠計測アプリ「ドクタースリーピング」が登場!モチベーションの維持が簡単で、さらに計測した睡眠スコアを「Futonto」直営店で使...
日本人の不眠の救世主?「快雲SOYO 」は、かけたり、しいたり、抱き枕のようにしたりと自由自在で、どんな眠りのスタイルにもフィットし、雲の上にいるようなリ...
「ハマる枕」は人間工学に基づいた3次元的に顔にフィットするドーナツ型の形状。
「The Neck Hammock」は、ドアノブなどに引っ掛けて、頭を専用の枕のようなものに固定して、首の疲れを軽減してくれる健康器具。使うときに必要な動...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
明日はどうしても早起きしなきゃいけないのに全然寝れない。そんな経験ありませんか?今回はそんなお悩みを解決するために一瞬で寝れる方法を5つ厳選してご紹介します。
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
フランスのアウトドアメーカー「デカトロン」が発売するテント「2 Secondsシリーズ」。“いかに簡単に建てられるか”という命題を探究し続け、2秒で建てら...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
日本人のおよそ5〜8%が、睡眠時間6時間以下のショートスリーパーだとか。「一日8時間」なんて長いこと言われ続けてきましたが、睡眠は長さよりも質、という声も...