突っ伏しても「痛くない枕」

仕事の合間、眠たいときは10分でも仮眠をとるといい、なんていう人がいます。けれどそこは職場。そもそもリラックスして寝ようというのが難しいはなし。デスクに突っ伏し、重ねた腕のうえに頭をおいて、右か左に首を振る。これじゃあね。

そこで、デスクでの睡眠に適した枕が開発されました。

Photo by Tatsuya Yamamoto
Photo by Tatsuya Yamamoto

デスクで頭を突っ伏すと、体勢が整わなかったり、腕が痛くなるもの。そこでOtotone。やわらかな低反発素材の枕が頭をすっぽり包み込むシェイプです。たしかにこっちの方が無理のない姿勢に映るでしょ。なんとなく頭を挟まれているようにも見えますが、背に腹は変えられません。

で、取り外し可能なカバーの内側は肌触りの良さに気を使った良質のニット地と、ここにもやさしさポイントが。

音楽の力でリラックスUP
ヘッドフォンにもなる

Photo by Tatsuya Yamamoto
Photo by Tatsuya Yamamoto

ところで、効率よく仮眠を取れるかは、どれだけ自分ひとりの世界をつくり出してリラックスできるかが重要。そこで、枕の両サイドにイヤホンを差し込んで、ヘッドフォンとしても利用できるようにしたのがOtotone。

これなら、好きな音楽を聴きながら、やわらかなクッションに頭をうずめて、体だけでなく、心もリラックスできるんじゃないでしょうか。 

スマートフォンでアラームをセットすれば、イヤホンから目覚まし音を鳴らすことも可能。
この方法なら、アラーム音が鳴っているのに、いつまでたっても起きないことを周囲に勘ぐられることもないんだとか。
Photo by Tatsuya Yamamoto

1サイズでカラバリは3色。近日中に「Timbre」から発売予定だそうです(価格未定)。

ランチ後のどうしようもない睡魔とこっくりこっくり戦うくらいなら、短時間でも顔をうずめて良質な昼寝を楽しむ方が、その後の仕事効率がUPするんじゃないでしょうかね。

Licensed material used with permission by Timbre, Ryosuke Fukusada
なにが違うか、わかりますか?
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
お尻好きが本気で開発した枕。2019年頭に、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で目標金額の600%以上に達し現在も発売中。人間工学に基づい...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
こっ…コレは正直、恥ずかしい。いったい何のかぶり物なんだ!?と、思われても無理はありません。だって、はたから見れば明らかに違和感アリですから。だけど、当の...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
本記事では、心地よい腕枕のコツを紹介しています。愛し合う二人にとって腕枕は憧れであり大事なものだと思いますが、男性側には「腕がしびれる」、女性側には「首が...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
表参道ヒルズ地下1階のフラワーショップ「dilligenceparlour(ディリジェンスパーラー)」にて販売中の「フラワープレスピロー」は、枕だけどブッ...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
職業にもよりますが、パソコンさえあれば自宅でも滞りなく仕事ができる時代。意外とオフィスよりも、家の方が仕事がはかどったりするんですよね。集中力が切れてしま...
「The Neck Hammock」は、ドアノブなどに引っ掛けて、頭を専用の枕のようなものに固定して、首の疲れを軽減してくれる健康器具。使うときに必要な動...
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
9月3日、オーストラリア発の寝具ブランド「コアラ・マットレス」は、同社のマットレスを搭載した車内で快適な昼寝ができるサービス「ぐぅ~すCAR お昼寝デリバ...
「ネスカフェ 睡眠カフェ」の新コースでは、コーヒーを飲んだ後、入眠前には徐々に暗くなる森林の映像、起床時には青白い月明かりの映像がスクリーンから流れるとと...
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。...