自動で温度調整する「冷感インソール」がスゴい!

暦の上ではまもなく「秋分」も、夏の太陽いまだ衰えず。そんな今の時期にぴったりな冷感インソールが、クラウドファンディング「CAMPFIRE」に登場。

「IXD」と命名されたインソールは、吸湿・散熱、通気作用に優れた「アイスシルク繊維」を採用してつくられている。なんでもこの素材、気温が30℃以上になると、自動的に2〜6℃温度が下がるよう調節する機能を有しているんだとか。熱気による足のムレや不快感を防いでくれるというんだから、すぐにでも装着したいところ。

また、温度調整だけでなく、靴内の衛生環境にも一役買ってくれるらしい。

それが「アイスシルク繊維」第二の作用。吸湿&通気性で乾燥した状態を保つことで、大腸菌、白色ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌といった細菌類の繁殖を抑える作用も。その抑制率、じつに97.1%!

冷感インソール IXD
©優心

もちろん、弾力性や衝撃吸収などインソールとして欠かせない機能もバッチリ。ついでに水洗いもOK。

より履きやすく、より健康的な冷感インソールで、まだまだ続きそうな暑さを乗り切りたい!

©️優心 / YouTube

『冷感インソール IXD』
【購入ページ】https://camp-fire.jp/projects/view/322445

Top image: © 優心
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

クーリングウェアブランド「FREEZE TECH」から冷感マスクが登場。特許出願中の「特殊冷感プリント」によるひんやりした冷たさに加え、高い通気性や防臭効...
夏のマスク着用時の不快感が少しでも軽減できるよう、素材に着目して夏マスクをピックアップ。「ひんやり冷感素材」でできたおすすめマスクを紹介します。
ドクターエアセルの新商品、疲れにくいインソール「3DインソールS」がクラウドファンディングサイトより登場した。同製品は、圧力を分散し、程よく刺激を与えるこ...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
肌着メーカー「GUNZE(グンゼ)」から、「肌にやさしい洗える冷感布製マスク」が登場。肌触りがよく、長年に渡って肌に触れる製品を作ってきたこだわりを感じる...
独自のシステム「デュアルエアバッグ」を搭載し、理想的なウォーキングを実現するインソール「AIR FLOW」が「Makuake」に登場。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
この自動販売機では、ドリンク購入前に脈拍数が計測され、その値が高ければ高いほど割引を受けられるという仕組みになっている。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...