NECが「インソール」を開発。目的は“ビジネスパーソンの品格”アップ!

「NEC」がインソールを開発。応援購入サイト「Makuake」で、目標金額の約9倍もの資金を調達している(2月18日時点)注目のアイテムだ!

「A-RROWG(アローグ)」は、日常を変えることなく“品格”をアップさせるために開発された「歩行センシングインソール」。独自の歩行分析技術で自然な「歩容≒歩行の質」を計測し、美しい歩行姿勢へと導くという。

また、計測したデータをもとに、その人に合わせた理想的な歩容のアドバイスやトレーニングメニューを提供する専用アプリも。ビジネスパーソンにとって重要な“他者に与える印象”や“身だしなみ”を徹底的にサポートしてくれる。

それにしても、なぜNECがインソールを? その答えはこう。

NECはAIやICTを活用してさまざまな領域での社会課題の解決に取り組んでおり、Quality of Lifeの向上もそのテーマのひとつ。本プロジェクトはウェルネス領域における新しい事業開発の一環なのだ。

品格を高めたい人は、プロジェクトページをチェック!

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「NEC」の先端IoT技術によって開発されたインソール「A-ROWG(アローグ)」。内蔵された小型のセンサーによって日々の歩行のデータを記録。歩行の分析や...
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
ドクターエアセルの新商品、疲れにくいインソール「3DインソールS」がクラウドファンディングサイトより登場した。同製品は、圧力を分散し、程よく刺激を与えるこ...
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「AI」が食事のアドバイスをし、生涯収入をアップさせるという世界初のサービス「WorkUp AI(ワークアップAI)」がスタートした。専用アプリを入れたP...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
台湾に3600店を展開する「ファミリーマート」で、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタン...
イギリスは、新たな政策としてAIによって代替される仕事に就く労働者向けの研修制度を始める。
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
アメリカのスターバックスで導入した際、大きな話題となった「オーツミルク」と「アーモンドミルク」」が、3月13日よりスターバックス コーヒー ジャパンでも楽...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
フィンランドが、EU市民へ“最後のプレゼント”として「AIの基礎を学べるオンラインコース」を無料で提供すると発表。
「SHITOI」は、畳表をインソールに用いたサンダル。こだわりはその素材で、シェア率の高い「い草」ではなく高級素材の「七島イ(しちとうい)」を使用。履き心...
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉が1925年、つまり大正14年に発売した「ブルーフットベッド」。とんでもないロングセラーだ。