通勤や通学をエクササイズに! 歩行を劇的に変える「インソール」

質の高いウォーキングをサポートする、クレバーなインソール「AIR FLOW」「Makuake」に登場。

この商品は、歩行時の足の体重移動に合わせてソール部の空気を移動させる独自のシステム「デュアルエアバッグ」を搭載し、跳ね返りが抑えられることで高い衝撃吸収効果を発揮。

これにより土踏まずの理想的なアーチ形状もしっかり保たれ、正しいウォーキング姿勢の維持にもつながるという。

AIR FLOW
©Makuake
デュアルエアバッグの使用イメージ
©Makuake

インソール本体は、クッション性の高いメインの素材と、ホールド感を出すための硬い素材を組み合わせることで、足をしっかりカバーする形状に。足元を安定させ、身体に負担をかけない歩行をサポートするとともに、筋肉を正しく使えて「毎日の歩行をエクササイズに!」なんてことも可能だ。

ここまでくると、普段履きからビジネスシューズまで、どんな靴でも使いたいと思うはず。ご安心あれ、インソールの柔らかな部分はハサミでカット可能なので、シューズのサイズやフォルムに合わせて調整すれば、すべてのシューズに対応してくれる。

通勤や通学で足を疲れさせないだけでなく、適度な運動もできてしまう革新的なインソール。購入はコチラから。

AIRFLOWの使用例
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

暑い夏にぴったりの冷感インソールが登場! 靴内温度が30度を超えると自動的に温度を下げて適温に調節。その他にも、吸湿、散熱、抗菌、消臭の作用を持ち、炎天下...
ドクターエアセルの新商品、疲れにくいインソール「3DインソールS」がクラウドファンディングサイトより登場した。同製品は、圧力を分散し、程よく刺激を与えるこ...
「NEC」の先端IoT技術によって開発されたインソール「A-ROWG(アローグ)」。内蔵された小型のセンサーによって日々の歩行のデータを記録。歩行の分析や...
〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉が1925年、つまり大正14年に発売した「ブルーフットベッド」。とんでもないロングセラーだ。
全国には、アナタの知らない「ご当地ヨーグルト」がたくさん!
「NEC」の「A-RROWG(アローグ)」は、日常を変えることなく“品格”をアップさせるために開発された「歩行センシングインソール」。
「SHITOI」は、畳表をインソールに用いたサンダル。こだわりはその素材で、シェア率の高い「い草」ではなく高級素材の「七島イ(しちとうい)」を使用。履き心...
ダイエットにお悩みの人に朗報です。朝からジョギングしなくても、ジムでヘトヘトにならなくても、あるいは、忙しくて運動する時間がないような人だって、このアイテ...
「アディダス」が発売したタグを備えたインソール「adidas GMR」は、専用のサッカーアプリと測定データを連動させ、リアルなプレースキル向上でゲーム内の...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
地方創生事業「TripBase道の駅プロジェクト」が、地域の知られざる魅力を渡り歩く新しい旅のスタイル広める「TRIP BASE STYLEアンバサダー」...
「YuGa」は「ケイエム観光バス」と「ネスレ」が、日々の満員電車による通勤でお疲れの人々の一日の始まりを応援するため企画した通勤バス。豪華な設備の車内では...
人気映画やドラマをテーマにしたクルーズもファンにはおすすめ。例えば、「Walker Stalker」主催の『ウォーキング・デッド』がテーマのクルーズ。これ...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
「Stappone」は、靴の中に入れておくだけで体全体をスキャンしてくれるインソール。そして、姿勢が悪くなったときや歩き方に問題があるときには、連動したス...
1日30分運動すれば、もっと健康に過ごせる。そんなこと百も承知だけれど、そんな時間が一体どこにあるんだろう。忙しい現代人にとって、運動する時間の確保は深刻...
キックボードにラグジュアリーさと快適性を追求して開発された、大人のための電動キックスクーター「Dragonfly Hyperscooter」。
歩数記録アプリ「スギサポwalk」を通じて、2020年6月末まで無料でさまざまな医療・健康上の疑問や不安を専門医にチャット形式で相談できる。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
肥満な体型は、体に不健康なのは知られている。では、十分な運動をする肥満な人と、運動をしない標準体型の人は、どっちがより健康的?
「Ruawalk」は、脂肪燃焼などの目的に合わせて、歩くペースを調節してくれるデバイス。ときに「もっと速く!」などと声をかけてくれるそうです。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
「People Walker」は、一緒に歩く人を雇えるマッチングアプリ。誰かに自分の抱えている悩みを聞いてほしい、ひとりでウォーキングをしたくない。いろん...
このポンチョは通勤や通学などを想定し、豪雨時にすぐ使えて簡単に収納できるアイテムとして開発。耐水圧性能は一般的な傘の約20倍以上。ここ数年、記録的な大雨や...
デスクワークをしていると、つい運動不足になりがち。オフィスで隙間時間にエクササイズができたらいいのに、と思う人もいるかもしれません。そんな人の強い味方……...
『TABI LABO』の記事の中から“今すぐ買えるもの”をピックアップして、シチュエーションごとに紹介。2回目は通勤やオフィスで活躍してくれそうなアイテム...
株式会社シグナルトークが、市販食品の健康への影響を判定するヘルスケアアプリ「FoodScore」をローンチ。
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...