通勤や通学をエクササイズに! 歩行を劇的に変える「インソール」

質の高いウォーキングをサポートする、クレバーなインソール「AIR FLOW」「Makuake」に登場。

この商品は、歩行時の足の体重移動に合わせてソール部の空気を移動させる独自のシステム「デュアルエアバッグ」を搭載し、跳ね返りが抑えられることで高い衝撃吸収効果を発揮。

これにより土踏まずの理想的なアーチ形状もしっかり保たれ、正しいウォーキング姿勢の維持にもつながるという。

AIR FLOW
©Makuake
デュアルエアバッグの使用イメージ
©Makuake

インソール本体は、クッション性の高いメインの素材と、ホールド感を出すための硬い素材を組み合わせることで、足をしっかりカバーする形状に。足元を安定させ、身体に負担をかけない歩行をサポートするとともに、筋肉を正しく使えて「毎日の歩行をエクササイズに!」なんてことも可能だ。

ここまでくると、普段履きからビジネスシューズまで、どんな靴でも使いたいと思うはず。ご安心あれ、インソールの柔らかな部分はハサミでカット可能なので、シューズのサイズやフォルムに合わせて調整すれば、すべてのシューズに対応してくれる。

通勤や通学で足を疲れさせないだけでなく、適度な運動もできてしまう革新的なインソール。購入はコチラから。

AIRFLOWの使用例
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

暑い夏にぴったりの冷感インソールが登場! 靴内温度が30度を超えると自動的に温度を下げて適温に調節。その他にも、吸湿、散熱、抗菌、消臭の作用を持ち、炎天下...
ドクターエアセルの新商品、疲れにくいインソール「3DインソールS」がクラウドファンディングサイトより登場した。同製品は、圧力を分散し、程よく刺激を与えるこ...
「NEC」の先端IoT技術によって開発されたインソール「A-ROWG(アローグ)」。内蔵された小型のセンサーによって日々の歩行のデータを記録。歩行の分析や...
「NEC」の「A-RROWG(アローグ)」は、日常を変えることなく“品格”をアップさせるために開発された「歩行センシングインソール」。
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉が1925年、つまり大正14年に発売した「ブルーフットベッド」。とんでもないロングセラーだ。
「SHITOI」は、畳表をインソールに用いたサンダル。こだわりはその素材で、シェア率の高い「い草」ではなく高級素材の「七島イ(しちとうい)」を使用。履き心...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ズッキーニのナムル」をさらにおいしくする、たったひとつの方法、教えます。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
おうちで過ごす時間が増えそうな今年のお正月休み用に、ちょっと難易度は高め、かつインテリアとして飾っても素敵なデザインの「パズル」を5つ紹介。一人で黙々と楽...