大正14年からのロングセラー

〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉が1925年、つまり大正14年に発売した「ブルーフットベッド」。とんでもないロングセラーだ。

これをシューズの中に装着すれば、土踏まずの部分が立体的にフィット。履き心地が一変する。素材はビルケンならではのコルク。決して柔らかいわけじゃない。それが足裏にピタッとくっつく感じは唯一無二。他のインソールでは味わえない心地よさだ。

否、心地よさっていうのとは、ちょっと違うかも。

快適なんだけど、それだけじゃなくて、姿勢が変わるイメージ。結果、歩いていても、立っていても、楽なんだけど……こればっかりは体感しないと、テキストだけでは伝わりにくいな〜。

革靴用とスニーカー用の2タイプ。サイズ感は普段履いてくる靴と微妙に違ってくるので、いきなりネットで購入するよりも、実際に試してみてからのほうがオススメ。

〈BIRKENSTOCK〉の店頭でもいいし、僕は丸の内のKITTEにある『The Shop』で試着させてもらった。

64062040372674564973174240313344

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

オールラウンドで使えるサンダルとして大人気の〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉のEVAシリーズ。POPで、元気いっぱいの発色は開放的な夏にピ...
大正7年創業というぶんぶく株式会社のロングセラー商品で、旧名は「普及型屑入れ」。学校やオフィス、一般家庭で長年使われてきたこれ以上ないぐらいフツーの屑入れ...
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉から発売されている「ペーパークリーナー」。袋分けされているので出先でもスニー...
ダイエットにお悩みの人に朗報です。朝からジョギングしなくても、ジムでヘトヘトにならなくても、あるいは、忙しくて運動する時間がないような人だって、このアイテ...
〈グランズレメディ〉は、ニュージーランド生まれの靴の消臭剤。5日〜7日間、足の裏に白い粉がつくことを我慢すれば、約半年の消臭効果が!
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
ウォールポケット、あるいはレターラックって言うんでしょうか。ポケットがいっぱいあって、壁に吊るすヤツ。ハガキとか小さな文房具類を入れるのが普通ですが、『V...
〈MOONSTAR(ムーンスター)〉の「RALY W」です。起毛感のあるモールスキンのアッパーは秋冬にピッタリ。実際、保温効果もあります。色味も落ち着いて...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
ここは、青森県にある「スターバックス弘前公園前店」。大正ロマンを思わせる素敵なデザインですが、珍しいですよね。それもそのはず。国の登録有形文化財である「旧...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
"1984年発売の超ロングセラー〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。現在でも根強い人気を誇るこちらは、装着感がオンリーワンです。"
今見てもこのボテッとしたフォルム、カッコイイ。当時を知っている自分からしても新鮮だ。
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
<SPALWART> <NOVESTA> <ZDA>あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。い...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。