大正14年からのロングセラー

〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉が1925年、つまり大正14年に発売した「ブルーフットベッド」。とんでもないロングセラーだ。

これをシューズの中に装着すれば、土踏まずの部分が立体的にフィット。履き心地が一変する。素材はビルケンならではのコルク。決して柔らかいわけじゃない。それが足裏にピタッとくっつく感じは唯一無二。他のインソールでは味わえない心地よさだ。

否、心地よさっていうのとは、ちょっと違うかも。

快適なんだけど、それだけじゃなくて、姿勢が変わるイメージ。結果、歩いていても、立っていても、楽なんだけど……こればっかりは体感しないと、テキストだけでは伝わりにくいな〜。

革靴用とスニーカー用の2タイプ。サイズ感は普段履いてくる靴と微妙に違ってくるので、いきなりネットで購入するよりも、実際に試してみてからのほうがオススメ。

〈BIRKENSTOCK〉の店頭でもいいし、僕は丸の内のKITTEにある『The Shop』で試着させてもらった。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...
オールラウンドで使えるサンダルとして大人気の〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉のEVAシリーズ。POPで、元気いっぱいの発色は開放的な夏にピ...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
ベースモデルは、ド定番の「ROYAL AMERICA」ですが、いろいろと仕様が異なっています。しかも、それが全部カッコイイ方向に転んでます。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。