1984年発売「超ロングセラー」のヘッドフォンは、装着感にハマる。

僕のヘッドフォンは、ずっと〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。

オフィシャルHPによると発売は1984年だそうですが、ヴィンテージではなく現行品として愛されているところがこのアイテムのすごいところです。

その魅力は、なんといっても音と装着感だと思います。

最近は低音に強いヘッドフォンなどもありますが、「PORTAPRO」の音は正統派。どこかを強調することなく、バランス良く、いい音と思えるところがいいですね。

本体重量が軽いことと共に、ヘッド部分の圧力を3段階に調節できるようになっていることで、ずれ落ちない程度にほどよく頭にフィットさせることができるため、装着感がとても軽いです。ヘッドフォンなんだけど、重さとか側頭部への圧とかを感じない。

この装着感にはハマります。

また、折りたためばコンパクトになるので、持ち歩くにも便利ですね。

普段使っているものとは別に1台購入してストックしてあります。こちらは25周年記念のモデル。基本的な性能は同じですが、黒とシルバーの繊維を編み込んだ、断線しにくいコードを採用しています。

7c7e696d30b53c150c1d1c288ee79d8855b34c0d01403a58c10f047095417bd1ba831ab3c3d8c482

石川望/編集者・フォトグラファー
守備範囲は、自転車、カメラ、写真、さらにコーヒーも。最近では撮影に関するワークショップなどにも協力。写真はコチラにちょくちょくアップしています。

Photo by 石川望

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
「AUMEO AUDIO(オウメオ オーディオ)」は、自分が聴きやすい周波数の音を流してくれるアイテム。よりいい音で音楽で楽しみたい人へ。
禿げ上がった頭は権力やリーダーシップの象徴?それを実証する研究がさかんに行われているアメリカでは、おおよそ13%の男性がシェイブドヘッド(日本でいうスキン...
デスク作業用にモバイルしている〈PELTOR(ペルター)〉の防音イヤーマフ。耳栓代わりに使えますが、完全にオーバースペック。でもカッコイイんです、コレ。
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
最新の筋力トレーニング機器「ICAROS」は、とびっきり今っぽいマシン。普通ならつらくてハードな体幹トレーニングを、VRゲームを楽しみながらできちゃうので...
フルーツや野菜を水につけて楽しむデトックスウォーターの進化系とも言える「フォンダンウォーター」人気の韓国。生ではなくドライフルーツを使うのが特徴ですが、こ...
「SILENTMODE」は、アイマスクの役割を担いつつ、クッションが付いているのでネックピローのように使うことができます。また、耳の部分にはスピーカーが搭...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
〈hands on grip(ハンズオングリップ)〉の「Tracker(トラッカー)」というグローブです。一言で紹介するなら、フィールドとシティのちょうど...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
〈ANOD(アンドー)〉というメーカーのポータブルカセットプレーヤーです。3,000円出せば新品が買えるというチープさ。カセットの音を楽しみたい人はコレで。
VRで遊んでる人を、横で見たことありますか?「わー!きゃー!」とか言って、とても楽しそうですよね。大自然のなかに飛び込んだり、本当に目の前にゾンビがいるよ...
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...