湿気と臭いをとってくれる「シューズ用カプセル」。

シューズの臭いはスプレーでケアしていましたが、このカプセルを知ってからはコッチへ乗り換えました。カプセルを回して、シューズに入れておくだけで、乾燥・抗菌・脱臭・芳香に効果を発揮してくれます。

香りもいいし、なにより湿気を取ってくれるのがうれしいです。さすがに雨のべちゃべちゃになったシューズには使えませんが、汗による湿気ぐらいならしっかりとケアできます。

また、カプセル型というのも便利で、旅先にも手軽に持っていけます。

メーカーは以前紹介した「ペーパークリーナー」と同じ、イギリスのシューケアブランドCrep Protect(クレッププロテクト)。正式名称はカプセルではなく「シューズリフレッシャー」となっています。

ここの製品は見た目に統一感があって、玄関の見えるところに置いてあってもイヤじゃないっていう利点もあります。ブラック&イエローの色使いは好き嫌いが分かれそうですが、個人的には大好物。シンプルなのもいいですが、こういう攻めたパッケージデザインも素敵です。

実勢価格は2,000円ぐらい。まだ使いだしてから1ヶ月ちょいですが、3ヶ月〜4ヶ月は使えるようです。

 

68aa0982b17ae6ad93821c04c7d02d622813324091d1a50b75356781c5cdd3afbb09c0647f07567a

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉から発売されている「ペーパークリーナー」。袋分けされているので出先でもスニー...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
クライミングシューズは、もっとファッショナブルでなければ。と、一念発起してつくられたのが「So iLL」。レトロなシューズデザインから着想を得て開発された...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉が1925年、つまり大正14年に発売した「ブルーフットベッド」。とんでもないロングセラーだ。
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
もとになっているのは、カナダ軍のトレーナーシューズ。
〈グランズレメディ〉は、ニュージーランド生まれの靴の消臭剤。5日〜7日間、足の裏に白い粉がつくことを我慢すれば、約半年の消臭効果が!
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...