「平らな計量スプーン」一枚で四役

大さじと小さじ、本来であればその2種類さえあれば計量スプーンは事足りる、はず。ところが、レシピを開けばやれ「大さじ2分の1」だの「小さじ4分の1」だの、その実こちらが知りたい分量はかなり細かい。
ムダに軽量スプーンばかり増やしても仕方ない。となると、結局はいい加減、目分量で解決する? やっぱり、それも違う。

としたとき、このツールに一つの解決策を見た気がしました。

一枚で四役、
計りたいサイズに折るスプーン

結論、こういうこと。

折り込みの線と目安となる分量に合わせて、フラットなバーを必要なボリュームで、折り紙の要領で谷折りにする。これだけ。計量スプーンと聞いて私たちがイメージするフォルムとはまったくの別物。必要な分量さえ載せることができれば、もうヘッドが丸くカーブしてくぼんでいる必要さえないのかもしれません。

これが「POLYGONS」。

テーブルスプーン(大さじ)とティースプーン(小さじ)の2種展開。

言うまでもなく、収納に場所を取らない点も◎。

従来の計量スプーンでは、ハチミツなどの流動物をすくう際など、スプーンにこびりついて若干残ることがありました。その点、POLYGONSはフラット。洗う手間を考えても、こちらに分があることは明白。

唯一、難点を挙げるとすれば、日本とアメリカ、グラムとオンスで重さの単位に違いがあること。大ざっぱではあるけれど、私の場合は近似値をとって、テーブルスプーンを(大さじ)、ティースプーンを(小さじ)に置き換えて計っています。

2016年に実施したクラウドファンディングでは、目標額を大幅に超える出資金をゲットし、世界中のユーザーが今や遅しとその発売を待ちわびているのですが、現時点での開発者サイドからのリリースは、出資者順に送付する段階の様子。

当時の設定価格ですが、1本13ドル。公式サイトで進捗をチェック!

Reference: Polygons Design
Top image: © Polygons Design
ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。安けりゃいい、と適当なものを買ってしまうと、調理の際に逆に手がかかってしまうんです。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
メルボルン生まれのスプーン付きジャー「SPLID」は、日本でやったら大ひんしゅくな「ある習慣」を解決すべく生まれた便利で衛生的なアイテム。今回はこれまでな...
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
計量スケール、タイマー、デュアルボード、包丁研ぎ、殺菌機能。一台5役のまな板「ChopBox」。
iHerb(アイハーブ)で買える「スプーンでそのまま食べたくなるペースト」3つをご紹介。マシュマロディップ、チョコレートペースト、ピーナッツバターをピック...
〈15.0%〉のアイスクリーム用スプーンです。熱伝導率の高いアルミニウムを使用しているため、スプーンを握った手から熱が伝わり、冷凍庫から出したばっかりのア...
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。 UKのWiredで紹介された次世代のハ...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...