「平らな計量スプーン」が、想像以上に便利で驚きを隠せない

使いやすく、洗いやすく、収納しやすい。そんな三拍子そろった、魔法のような計量スプーンが登場。これさえあれば、大さじと小さじを使い分けなくともひとつで事足りるのが嬉しい。

どうやら計量スプーンに
カーブは必須ではないらしい

854d0d4a7e77851a6eb18a4bbade06050bfa9b93

この「Polygons」は、はじめは平らな状態だが、まるで折り紙のように形を変えることができる。計量スプーンと聞いて私たちがイメージするフォルムとは一線を画すデザインだ。

A90b6ae680a17db87b460030ad0912674987a798

折り込みの線と目安となる分量が書かれているので、自分が必要なボリュームに合うよう変形させよう。

990c5bb2740fe6e291057048d77835cc78260efaF6ead62f068d6bda8f4b63facdaa2f7a40e444e3

テーブルスプーンとティースプーンの2種類を用意。

2a567252431ebfb57611b1051c125bba6d0cad96

現在、「Kickstarter」でクラウドファンディングを実施中。とはいえ、期限まで一ヶ月以上を残しながらも、すでに目標額の10倍以上となる148,000ドル(約1,500万円)もの資金調達に成功している。

価格は今なら早期割引で8ドル(約830円)から。もちろん日本への発送も可能で、時期は来年1月を予定。購入はこちら

それでは、その使い勝手の良さをぜひ動画でチェックしてほしい。お手頃プライスも相まって、購買意欲を刺激されるはずだ。

Licensed material used with permission by Polygons Design
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
〈15.0%〉のアイスクリーム用スプーンです。熱伝導率の高いアルミニウムを使用しているため、スプーンを握った手から熱が伝わり、冷凍庫から出したばっかりのア...
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...
独断と偏見でピックアップしました。
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
普段、何気なく使っているスプーンやフォーク。これまでにあの形状に疑問を持ったことなんてないし、きっとこれから先も、あのデザインがスタンダードであり続けるの...
たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。 UKのWiredで紹介された次世代のハ...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...