計量スプーン

大さじと小さじ、本来であればその2種類さえあれば計量スプーンは事足りる、はず。ところが、レシピを開けばやれ「大さじ2分の1」だの「小さじ4分の1」だの、そ...
ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。安けりゃいい、と適当なものを買ってしまうと、調理の際に逆に手がかかってしまうんです。
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
〈15.0%〉のアイスクリーム用スプーンです。熱伝導率の高いアルミニウムを使用しているため、スプーンを握った手から熱が伝わり、冷凍庫から出したばっかりのア...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...
メルボルン生まれのスプーン付きジャー「SPLID」は、日本でやったら大ひんしゅくな「ある習慣」を解決すべく生まれた便利で衛生的なアイテム。今回はこれまでな...
普段、何気なく使っているスプーンやフォーク。これまでにあの形状に疑問を持ったことなんてないし、きっとこれから先も、あのデザインがスタンダードであり続けるの...
たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。 UKのWiredで紹介された次世代のハ...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取すると言われています。世の中にはヘルシーな食品があふれているのに、これはおかしい。そこで、監督デイモ...