2世紀ぶりのカトラリー革命。スプーン博士の自信作「Goûte」

「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄になってしまっているんじゃないだろうか」。

ここに紹介する画期的なスプーンの生みの親、Andreas Fabianの言葉です。プロダクトデザイナーでり、銀細工師としても活動する氏は、“スプーン博士”とも呼ばれる人物。

5020547410821120

2011年、Fabianはロンドンのブルネル大学でスプーンに関する博士号を取得、食べものを直感的に口へと運ぶカトラリーを科学し続けてきました。

そして、たどり着いた1本のスプーン。それが「Goûte」。

食べるよろこびに立ち返る
指先のようなスプーン

6120758396846080

従来のスプーンは“つぼ”と呼ばれるすくう部分に食べものを乗せて口へと運ぶもの。ときに、液状のものを混ぜたり、分量を計ったり、“つぼ”こそがスプーンと認識するファクターでもあります。
ところが、Goûteにはその“つぼ”がありません。ガラスでできた(木製のものも)1本の棒。ハニーディッパーのようにスティックで持ち上げ、すくい上げてからめとる。

スープのような液状の料理には適さないけれど、写真を見るかぎり、チョコレートスプレッドやピーナッツバター、ヨーグルトさえもきちんと口へと運ぶことができるようです。

471784209199923250225011679559686431813266309120

なめらかでしなやかな人差し指をイメージしてのスティック形状だそう。ちょっとつまみ食いの指先ですくう、まさにあの感覚。ここにも、実験心理学に基づく緻密なリサーチがありました。

Andreasは言います。

「人間が健康的に食べ、直感的においしさを感じているとき、カトラリーよりもむしろ指ですくったり、それこそお皿までペロリと舐めたくなる衝動が誰にもあるはずです」。

その事実から逆算し、デザインにおこしたGoûteは、人間の根源的な欲求に対してエレガントに食べ物を口へと運ぶために生み出された、まったく新しいスプーン。

Goûteでしか味わえない
クリーム感と本来の甘み

Ff117ff320075cdd39d489810e8131702eef8962

2015年、オックスフォード大学の研究チームと協力し、Goûteを使うことで味覚におきる変化の調査が行われました。その結果として示されたこれらのメリットが、もしも本当だとしたら……かなり気になる!

①従来のスプーンと比較し、食べものの味の濃さを感知しやすかった。
②プラスチックスプーンで食したヨーグルトよりも甘さが強調された。
③被験者の味覚の感知が40%程度上昇した。
④クリーミーでなめらかさが増幅した。

4661734585401344

洋梨、オリーブ、メープルの木を用いた木製のスティックが19ポンド、ヨーグルト向きのガラス製が29ポンド。
スプーン1本に4,000円とは、たしかに値が張る代物。それでも、クリームの感触や、甘い香りまで高まることが科学的に証明されていると聞けば、投資の価値もあるってもの。あとは、自分の舌で実証する他ありませんけどね。

購入はこちらから。

Reference: Michel / Fabian
Top image: © Michel / Fabian
新潟県燕市でステンレス食器を製造している〈ナガオ〉。いわゆる燕三条ブランドです。ここのカトラリーセットがすごい。
ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。安けりゃいい、と適当なものを買ってしまうと、調理の際に逆に手がかかってしまうんです。
普段、何気なく使っているスプーンやフォーク。これまでにあの形状に疑問を持ったことなんてないし、きっとこれから先も、あのデザインがスタンダードであり続けるの...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
〈15.0%〉のアイスクリーム用スプーンです。熱伝導率の高いアルミニウムを使用しているため、スプーンを握った手から熱が伝わり、冷凍庫から出したばっかりのア...
大さじと小さじ、本来であればその2種類さえあれば計量スプーンは事足りる、はず。ところが、レシピを開けばやれ「大さじ2分の1」だの「小さじ4分の1」だの、そ...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...