スプーンで博士号を取得した男のこだわり。「指で舐める」カトラリー体験とは?

「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄になってしまっているんじゃないかって」。

画期的なスプーンの生みの親、Andreas Fabianのコメント。プロダクトデザイナーで銀細工師として活躍する氏は、“スプーン博士”でもある。

81d503244ff95edb54db75fb7d32c16b8ca92ad1

2011年、Fabianはブルネル大学でスプーンに関する博士号(Spoon & Spoonness)を取得、食べものを直感的に口へと運ぶカトラリーを科学し続けてきた。

そして、たどり着いた1本のスプーン。それが「Goûte」だ。

食べるよろこびに立ち返る
指先のようなスプーン

260c168c046f0ef5414cb1f8b889506057987669

すくいとったり、混ぜたり、計ったり、従来のスプーンは「つぼ」に食べものを乗せて口へと運ぶもの。けれどこのGoûteには、その「つぼ」がない。ガラス製(木製も)の1本の棒。ハニーディッパーのようにこのスティックで持ち上げ、すくい上げ、絡めとる。

スープのような液状の料理には適さないけれど、イメージ画を見るかぎり、チョコレートスプレッドやピーナッツバター、ヨーグルトさえもきちんと口へと運ぶことができている。

32b06548ab2f6f9f6d8b176b37bfcab54616904d13be8dc1e7c0e372cf073df51aa0871d65114a1848b3c0d77205ce3f40d17fea5804de1e7525e31b

もちろん、スティックであることには意味がある。この形状は、なめらかでしなやかな人差し指をイメージしてのものだとか。ちょっとつまみ食いの指先ですくう、まさにあの感覚だ。

ここにも実験心理学に基づく緻密なリサーチあり。

曰く、人間が健康的に食べ、官能的においしさを感じているときには、カトラリーではなく指ですくったり、それこそお皿までペロリとなめたくなる衝動があるという。この事実から逆算してデザインされたGoûteは、直感的でエレガントに食べものを口へと運ぶための、まったく新しいスプーンということになる。

Goûteでしか味わえない
クリーム感と本来の甘み

Ff117ff320075cdd39d489810e8131702eef8962

2015年、オックスフォード大学の研究チームと協力し、Goûteを使うことで味覚におきる変化の調査が行われた。結果として現れた以下のメリットが本当だとしたら、これはかなり気になる。

・従来のスプーンと比較し、食べものの味の濃さを感知。
・プラスチックスプーンで食したヨーグルトよりも甘さが強調。
・クリーミーでなめらかさが増幅した。
・味覚の感知がおよそ40%上昇した。

Cade4f26dd89c58f3f1476aae1d22e422d9c3085

ガラス製のGoûteはヨーグルト向きということだが、ご覧の通りの万能選手。発売以来大ヒットが続き、現在完売状態だというが、オンラインで予約購入はできるようだ。

からめて、持ちあげて、なめる、ただそれだけの目的のために1本29ポンド(約4,000円)は、たしかに値が張る代物。それでもクリームの感触や、甘い香りを高めることが科学的証明されたと聞けば、それだけ投資の価値もあるってもの。あとは自分の舌で実証するほかない。

そうそう、Goûteには洋ナシ、オリーブ、メープルの木を用いた木製スティックもある。こちらは19ポンド(約2,660円)。

Licensed material used with permission by Michel / Fabian
〈15.0%〉のアイスクリーム用スプーンです。熱伝導率の高いアルミニウムを使用しているため、スプーンを握った手から熱が伝わり、冷凍庫から出したばっかりのア...
普段、何気なく使っているスプーンやフォーク。これまでにあの形状に疑問を持ったことなんてないし、きっとこれから先も、あのデザインがスタンダードであり続けるの...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
新潟県燕市でステンレス食器を製造している〈ナガオ〉。いわゆる燕三条ブランドです。ここのカトラリーセットがすごい。
使いやすく、洗いやすく、収納しやすい。そんな三拍子そろった、魔法のような計量スプーンが登場。これさえあれば、大さじと小さじを使い分けなくともひとつで事足り...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
この問いかけを確かめようと調査を行っているのは、ノースセントラル大学で教鞭を振るうPatrick McNamara博士。ボストン大学で心理学の博士号を取得...
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。 UKのWiredで紹介された次世代のハ...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒン...