キッチンアイテムに実用性はいらない!ただ美しくあれ。

昔からカタチの変わらない道具って、意外と身の回りには多くあります。用途に合わせて設計されてはいるはずですが、よくよく考えてみるとナゼにこのカタチ?なんて思えたりも。

そこへいくとこの「HALF HALF」は、従来の計量器の概念を覆す、美しさを追求した新しいデザイン。斬新すぎて、もう理解に苦しむって(笑)

キッチンツール革命!
大理石とガラスの調和

このアイテムの特徴は、とにかく美しいこと。

一般的に、デザインよりも実用性重視で開発される調理器具が多いなか、このスケールの美しさは群を抜いています。

素材はなんと大理石。透明な部分はガラス

使っていないときは、ガラスと大理石が半分半分になった長方形の状態。これがキッチンに置いてあっても、計量器だとはちょっと予想できないでしょ。

実用性は二の次?
美しさ、それが大事。

使うときは上部を上にずらします。

よく見ると、ガラス部分には細かい目盛りが刻まれています。目盛りが目立たず、さりげないのも、美しさのポイントです。

ガラス部分に量りたいものを入れれば、重みでガラスが下がり、重さが量れるという仕組み。

大理石とガラスとなると、お手入れが大変そうだし、ガラスの目盛りは見づらく重さがさっぱりわからないし、正直に言って使い勝手は悪そうですが、とにかく美しい。この“美しさ”こそ正義!だってそれがコンセプトだから。

たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこいのこの商品。欲しいかどうかは別にして、「とにかく美しく!」という着想はおもしろいのではないでしょうか。

うん、たしかに美しい。

Licensed material used with permission by Constantina Sfakianakis
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。