エスプレッソマシンはもういらない!スプーン1杯で「本格オーガニックコーヒー」を

おうちでもおいしいコーヒーやラテを味わいたい。でも、エスプレッソマシンやミルを買い揃えるのは大変だし、バリスタのようなハンドドリップを習得するのは難しい……。

そこでオススメしたいのが「Jot」から登場した、簡単に家でも本格的なコーヒーを堪能できる「Ultra Coffee」

この商品は、特殊な方法で抽出されたエスプレッソのボトルコーヒー。使い方は、スプーン1杯をカップに入れ、お湯を注ぐだけ。水と氷でアイスコーヒー、ホットミルクと合わせればカフェラテにも。バニラアイスにかけて、アフォガードを愉しむことだってできちゃう。

価格は、ボトル1本200mlで24ドル(約2500円)。ボトルからは約14杯分を作れて、1杯あたりおよそ180円と、手を伸ばしやすい価格も嬉しい。サブスクリプション登録すれば、よりお得に購入できるとのこと。

ウェブサイトもかわいいので、ぜひチェックを。

© Jot/Instagram
Top image: © iStock.com/Mack15
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

電気も火も要らないエスプレッソマシン「ナノプレッソ」の紹介です。
レバーを下ろすだけでどこでも簡単に本格的なエスプレッソが楽しめる小型エスプレッソメーカー「レバープレッソ(LEVERPRESSO)」をご紹介。
電気を使わず、持ち運び可能な「エスプレッソマシン」。自宅で本格バリスタの味。
「Newton Espresso」は、一切電気を使わないエスプレッソマシンです。熱いお湯さえあれば、キャンプ好きな人には、ピッタリな製品でしょう。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
アメリカのデザインスタジオMontaagが手がけた、コンクリート造りのエスプレッソマシン「AnZa」。レバーや注ぎ口は、白く化粧された人工大理石に真鍮を使...
イギリス発のコーヒー器具メーカー「ROK Coffee」が、自身が手がける「手動エスプレッソメーカー」を、2年の歳月をかけて大幅に改良。クラシックなデザイ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...